建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 大容量収納と高意匠性を両立させた新しい収納「Cave’S(カベス)」を発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

大容量収納と高意匠性を両立させた新しい収納「Cave’S(カベス)」を発売

2021年8月19日 分類: 住宅建材

永大産業株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:枝園 統博)は、キッチンの背面に設置する新しい収納製品『Cave'S(カベス)』を発売した。
 
Cave'S(カベス)
 
■Cave'S(カベス)とは
『Cave'S(カベス)』は、空間を整える収納というコンセプトに基づいて開発した製品で、これまでのキッチンにおける収納とは異なり、あまり例のない大型の木製引き戸と、当社がクロゼットの生産を通じて培ってきた使い勝手の良い収納ユニットで構成されている。
色柄は永大産業株式会社の主力ブランドである「スキスムS」の7柄と「スキスムT」の6柄を合わせた、全13柄を取り揃えており、スキスムブランドの他の製品とのカラーコーディネートも可能。
さらに、ボリュームゾーンを中心とした幅広い層をターゲットに、初年度600セット、3年後には年間3,300セットを販売する計画である。
 
■特長
『Cave'S(カベス)』は木目柄または単色の大型引き戸と、用途に応じて自由な設計が可能な収納ユニットからなる壁面収納である。
従来の壁面に設置するカップボードのような収納とは一線を画し、キッチンを含めたLDK空間をゲストルームとして使用することを想定した新しいタイプの製品である。
大型の引き戸を閉じればアクセントウォールのようになり、キッチンを含めたLDK空間に開放的で一体感のある印象を与えることも可能。
さらに、「Skism(スキスム)」製品等とのコーディネートで、より一層統一感のある空間に仕上げることができる。
 
 
■問い合わせ先
永大産業株式会社
https://www.eidai.com/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会