建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 高齢者居住施設向け・一般住宅向けの室内建具『ラシッサUD』新発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

高齢者居住施設向け・一般住宅向けの室内建具『ラシッサUD』新発売

2021年3月9日 分類: 住宅建材

株式会社LIXIL(本社:東京都江東区、取締役代表執行役社長兼:瀬戸 欣哉)は、高齢者居住施設向け・一般住宅向けの室内建具『ラシッサUD』を、Interioブランドから2021年4月1日より発売する。
 

 
■概要
この度発売する『ラシッサUD』は高齢者居住施設向け・一般住宅向けの室内建具である。
『ラシッサUD』は、使う場所や使う人に応じて「適切な機能・デザイン・サイズ」が選択可能。
また、ラインアップには立ち位置を変えずに容易に開閉可能なアウトセット方式の「連動折れドア」(1dayリフォーム)や、車いすの方でも容易に開閉できる「両側折れドア」など取り揃えている。
 

■特長
1.使う場所・使う人に合わせて、適切なアイテムを提案
『ラシッサUD』は、使う場所や使う人に応じて、「適切な機能・デザイン・サイズ」が選択可能。さらに「ラシッサ」と組み合わせることで、高齢者居住施設でも、一般住宅でも1棟まるごとコーディネートできる。
 
・適切な機能
高齢者居住施設の共用スペースや居室の出入口から、一般住宅のトイレの出入口まで、さまざまな場所やシーンに適切な機能を提案。
 
・適切なデザイン
採光デザインや通風デザインなど、空間の用途に応じて選べる豊富な扉デザインを用意し、空間イメージに合わせて選択できる。収納や床材を「ラシッサ」と組み合わせることで、1棟まるごとコーディネートできる。
 
・適切なサイズ
スタッフや自立の方が普通に出入りする開口幅から、大型家具の出し入れに便利なワイドサイズまでさまざまな開口サイズを用意している。同じ品種・同じデザインならどのサイズを選んでもワンプライスのため安心してオーダーできる。
 
2.ラシッサUD注目商品
・業界初、立ち位置を変えずに容易開閉できる、アウトセット方式「連動折れドア」
扉が3枚に折れることで、開閉スペースが一般的なドアより小さくできる。既存枠を残したままの設置もできるため、狭い廊下に面したトイレのリフォームにも適している。
 
・車いすの方でも容易に開閉できる「両側折れドア」
廊下側からも部屋側からもハンドルを押して簡単に開けることができる。一般的なドアに比べて開閉スペースが小さいため、限られたスペースを有効活用できる。引戸の引込みスペースを確保できない場所に適している。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社LIXIL
https://www.lixil.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会