建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 国内建設プロジェクト向けRevit用BIMパーツ特設サイトを開設 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

国内建設プロジェクト向けRevit用BIMパーツ特設サイトを開設

2020年11月17日 分類: CAD、BIM・CIM

BIMobject Japan株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:東 政宏)は、株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 裕司)と協業し、BIMiソフト「Revi」の国内ユーザー向けに、国内メーカー(29社)・日本への製品販売を展開する海外メーカー(12社)の Revit用BIMパーツ(Revitプロジェクトで利用できるファイル形式を含む。以下、Revit ファミリ)を掲載する特設サイトを大塚商会の運営する「CADJapan.com」内に開設した。
 

 
■概要
国内BIMユーザーがダウンロードしている家具を中心に、国内建設プロジェクトで好まれそうな照明、窓など約1400点を厳選掲載した。種類が多い建材設備の中から、国内BIMユーザーが担当案件に使いやすいRevitファミリを探す時間を短縮できる。
国内BIMユーザーがRevitファミリを見つけやすく、使いやすい環境を整備し、国内のBIM導入および利活用、業界全体の生産性向上、建設プロセスの最適化に貢献する。
 
■特長
1.ユーザーニーズの高い家具・照明・窓など約1400点を厳選掲載
・日本で入手しやすい建材設備を集約掲載しているため、検索結果がすぐに表示(施主へのプレゼン時に使った家具が、実は国内では入手できずに困ったということは防げる)
 ※掲載メーカーは、国内と日本向けに販売を展開する海外メーカーの全41社
 ※世界最大規模のBIMコンテンツプラットフォーム「BIMobjectR Cloud」に掲載する世界1960メーカー・50万点のうち、国内BIMユーザーが最もダウンロードしている家具を中心に選定
 
2.複数の検索窓、リクエスト機能
・複数の検索窓があるので、希望Revitファミリを絞り込みやすい
・特設サイトの利用状況に合わせて掲載アイテムを更新するなど、ユーザーデマンドに柔軟に対応予定
・モバイルでも閲覧可能
・希望の Revit ファミリが見つからない場合はリクエストまたは問合せ可能
 
3.BIMおよび建設業に詳しい2社による、初のメーカー横断型BIMパーツサイト
・同サイトは、国内BIMユーザーがより簡単に日本向けファミリを探しやすくするために、世界1960メーカー・50万点のBIMオブジェクトをはじめとする建材製品情報を掲載するBIMコンテンツプラットフォーム「BIMobejctR Cloud」を国内で運営する同社と、設計ソリューションのことなら大塚商会を掲げ年間120万人が訪れる「CADJapan.com」を運営する大塚商会とが知見を持ち寄り開発・国内建設プロジェクトに向けに使用頻度が高そうな、複数メーカーの建材設備を一つのサイトで横断的に検索可能
 
 

■国内向け BIMパーツ特設サイトのURL
https://www.cadjapan.com/special/bim-navi/bimobject/

 
 
 

■問い合わせ先
野原ホールディングス株式会社
https://www.nohara-inc.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会