建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> リアルタイム3D没入型建築ビジュアライゼーションソフト『Twinmotion 2020.2』発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

リアルタイム3D没入型建築ビジュアライゼーションソフト『Twinmotion 2020.2』発売

2020年11月12日 分類: 建築系

株式会社アルファコックス(本社:東京都世田谷区、CEO:廣瀬 繁伸)は、主に建築、建設、都市計画、造園向けに設計されたビジュアライゼーションソフト『winmotion 2020.2』の販売を開始し、ユーザーからのフィードバックに基づいた最新リビジョン『Twinmotion2020.2.2』を公開した。
 

 
■概要
『Twinmotion2020』はアメリカEpicGames社が開発したUnreal Engineベースのリアルタイムレンダリングソフトである。
同ソフトウェアは、CG未経験者でも簡単に習得することができ、また高品質な静止画、動画、またVRコンテンツなどを短時間で制作することが可能なため、これまでのコンテンツ制作の作業を効率化することができる。
 
■特長
・デザイン画面が最終レンダリングと同じ品質で表示されるリアルタイムレンダリングなため、制作するコンテンツをイメージしながらデザインすることができる。
 
・アイコンやスライダーによるシンプルで直感的なインターフェースにより、CG未経験者でも短時間で高品質なコンテンツを制作できる。
 
・CADが苦手とする植栽や人物、自動車等のオブジェクトや、シーンをリアルに表現するマテリアル、シーンの表現をランクアップさせるツールが準備されている。
 
・ゲームエンジンであるUnreal Engineの機能を絞り込んだ形で開発されているため、Unreal Engineの機能を簡単に使うことができる。
 
・対応するファイル形式は、SKP、FBX、OBJ、C4D、DATASMITH。また SketchUp Pro、Revit、ARCHICAD、Rhinoceros、RIKCADでは、それぞれのソフトに専用のプラグインをインストールして直接同ソフトウェアにモデルを転送するダイレクトリンク機能が使える。

 
■新機能
・パラメトリックドア
サイズやデザインだけでなく、人やカメラが近付くと自動的に開くカスタマイズが可能なドアのオブジェクトが追加された。
 
・アニメーターオブジェクト
ドアや窓、ファンなどご自身のモデルをアニメーション化(回転、移動)するオブジェクトが追加された。
 
・フェーズツール
時系列にオブジェクトを表示/非表示する機能が追加された。施工ステップや環境の変化を表現した動画を作成することができる。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社アルファコックス
https://www.alphacox.com



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会