建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 『PS短ざく』発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

『PS短ざく』発売

2020年11月5日 分類: 住宅建材

BXカネシン株式会社(本社:東京都葛飾区、代表取締役:二村一久)は、多目的木造建築(MP)※の梁端部で引張耐力が不足する場合に追加して取り付けることで耐力を加算することができる短ざく金物『PS短ざく』を発売した。
同製品はプレセッターSU梁受金物(PS-18SU、PS-24SU、PS-33SU)またはプレセッター梁受金物(PS-18、PS-24、PS-33)と併用することで、梁受金物の引張耐力に同製品の引張耐力を加算することができる。
 

 
■特長
プレセッターSU梁受金物やプレセッター梁受金物で柱を介して梁同士を接合する際に、PS短ざく4枚までを組み合わせて使用することができる。
1枚当たり3.8kN、最大4枚(15.2kN)までの引張耐力が加算できる。
多目的木造建築(MP)では高い床倍率が必要な場合や大開口部の耐風梁設計で、プレセッターSU梁受金物やプレセッター梁受金物では引張耐力が不足しまうことがある。
その場合、梁成を上げたり製作金物を使用したりして対処するが、木材や金物のコストアップになり、金物設計の手間がかかってしまう。
PS短ざく金物は、住宅で使用されることが多い既製品のビスどめ短ざくLと本体を共用し、金物との干渉回避のために短いビス(CPQ-30)を使用することで低価格を実現している。
 

※多目的木造建築(MP)とは、「中・大規模木造建築」や「非住宅」と呼ばれてきた多様な目的を持つ木造建築の総称。MPは、Multi Purpose(多目的)の頭文字。
 
 
 

■問い合わせ先
BXカネシン株式会社
http://www.kaneshin.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会