建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> iPad間取り作成アプリ『まどりっち』 が3D建築CADシステムとのデータ連携に対応 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

iPad間取り作成アプリ『まどりっち』 が3D建築CADシステムとのデータ連携に対応

2020年9月7日 分類: CAD、BIM・CIM

福井コンピュータアーキテクト株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:佐藤 浩一)では、iPad間取りアプリ『まどりっち』のアップデート版を2020年9月10日に発売する。
 

 
■概要
今回のアップデート版では、3D建築CADシステム「ARCHITRENDZERO Ver.7.1」(2020年9月10日リリース)とのデータ連携に対応。iPadで作成した間取り図を「住宅BIMモデル」として設計実務に直接活用でき、さらなる業務効率化とモバイルワーク支援を図っていく。
 
■ポイント
『まどりっち』で作成した部屋・建具などの間取り情報をクラウド上にアップロード。「ARCHITREND ZERO」に取り込むことで、そのまま自動変換して高精細パースや申請図面などを一括作成することが可能。
 
・今回の連携で、施主や営業スタッフは間取りイメージの具現化が図れるとともに、設計スタッフのプラン入力手間を削減できるなど、これまでになかった新しい業務フローを実現できる。
 
 
※データ連携にはARCHITREND ZERO Ver7.1 基本プログラムと、クラウドストレージとして3Dカタログ.com有料会員契約が必要。
 
 
 

■問い合わせ先
福井コンピュータアーキテクト株式会社
https://archi.fukuicompu.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会