建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> ミドルハンマ工法 (NETIS登録番号 QS-200013-A) 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

ミドルハンマ工法 (NETIS登録番号 QS-200013-A)

2020年8月24日 分類: 土木資材・工法

ダウンザホールハンマ本体に特殊なファーストケーシングを取り付けるだけで振動、騒音、粉塵を低減できる工法である。ファーストケーシング内部のレシーバータンクにピストン可動に必要な圧縮空気を貯められることで、ピストンの落下高さが通常の半分(75mm
程度)でも従来と同等の掘削能力を確保でき、さらにレシーバータンクとファーストケーシングの間に不凍液あるいは防音材を充填することで、振動や騒音を低減する。
また、ビット先端からミストを吐出することで、粉塵を低減する。
 
 

 
 
 
■問い合わせ先
株式会社栄輝
TEL: 096-248-8924
http://www.eiki-kk.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会