建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 塗装ブース用・クリーンルーム用安全増防爆形LED灯器具2種類を発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

塗装ブース用・クリーンルーム用安全増防爆形LED灯器具2種類を発売

2019年11月6日 分類: 電気設備資材・工法

星和電機株式会社(本社:京都府城陽市、代表取締役社長:増山 晃章)はLED照明器具STARLEDSシリーズの新ラインアップとして、蛍光灯代替可能な爆発性危険場所ZONE2専用の塗装ブース用(LGWA/VGWAシリーズ)とクリーンルーム用(LGCB/VGCAシリーズ)の安全増防爆形LED灯器具、2種類を発売する。
 

 
■概要
安全増防爆形LED灯器具LGWA/VGWAシリーズおよびLGCB/VGCAシリーズは、IEC規格整合(国際整合防爆指針)に適合しており、爆発性危険場所ZONE2および水素ガスが発生する場所でも使用できるLED照明器具である。
塗装ブース用安全増防爆形LED灯器具LGWA/VGWAシリーズは、光源や電池交換のための開閉を前面・後面交換タイプの2種類をラインアップし、取付寸法も同じにしており、天井・壁背面の設置スペースに応じて器具選定が可能。
クリーンルーム用安全増防爆形LED灯器具LGCB/VGCAシリーズは適合クリーン度クラス100および1,000の2種類を揃え、設置場所に応じて選べる。
 
■特長
 
・共通
1.爆発性危険場所ZONE2専用 機器保護レベル(EPL)Gc
爆発性危険場所とし存在するZONE2専用、機器保護レベル(EPL)はGcのLED灯器具。
 
2.既設交換可能
同社既設器具と埋込サイズや取付ピッチ、明るさバリエーションを同様にしている。従来の設置場所で入れ替えが可能なため、取り換え作業が簡単に行える。一部既存器具はリニューアルプレートで取り替えが可能。
 
3.非常灯をラインアップ
塗装ブース用、クリーンルーム用ともに非常灯もラインアップ。
一般灯と同一形状(埋込取付寸法)のため設置レイアウトの統一感が図れる。
 
 
・非常灯のみ
1.ランプモニターにより充電状態を確認可能
非常用光源部には蓄電池と充電モニターを内蔵。常用光源部が点灯中はランプモニター(緑色)が点灯し、蓄電池が正常に充電されていることを確認できる。
停電時や電源遮断時には充電モニターは消灯し、LED 非常灯ユニットが点灯する。
 
2.環境にやさしいニッケル水素蓄電池
環境にやさしいニッケル水素蓄電池を内蔵。電池交換時は電池室を開放し、コネクタ、止めネジを外すことで、簡単・短時間に作業ができる。(蓄電池の寿命目安は4〜6年)
 
 
 

■問い合わせ先
星和電機株式会社
https://www.seiwa.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会