建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 直流給電方式による新たなトンネルLED照明システムを開発し発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

直流給電方式による新たなトンネルLED照明システムを開発し発売

2019年4月17日 分類: 電気設備資材・工法

星和電機株式会社(本社:京都府城陽市、代表取締役社長:増山 晃章)は、日本初の新たなトンネルLED照明システムを開発した。
 
190305_yasumiyama_2
 

■製品の概要
電源装置を電気室内に設置し、直流でトンネル内の照明器具に給電することで、器具の小型化・軽量化を実現した。
従来製品は器具本体内に電源装置があったが、同製品は器具本体内に電源装置がないため小型化が可能となり取付作業が大幅に軽減する。
また電源装置を器具本体内から電気室に一括設置することで、メンテナンスの簡易化を実現した。
トンネル内の照明器具を超小型・軽量とし電源配線をコネクタ方式にすることで施工費用低減、電源装置を電気室に設置することでメンテナンスの容易さと安全性の向上を実現する。
直流給電方式トンネルLED照明は、国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)に登録された技術(CG-170008)と、小型・軽量LEDトンネル照明器具の技術(TH-150008)の両方を採用している。
この度、国土交通省 中国地方整備局 広島国道事務所管内の国道185号休山トンネル(下りL=1,704m)にトンネルLED照明システムを納入した。
 

■製品の特長
1.直流給電方式のLEDトンネル照明器具は、電源装置を内蔵しないLED(発光部)のみのため、筐体は超小型・軽量で、器具費用、施工費用が従来より低減できる省施工の製品である。
 
2.LEDトンネル照明器具の調光制御は、電気室内直流電源装置からの直流制御により可能なため、専用の調光用ケーブルが不要。
 
3.LEDトンネル照明器具の電源接続には、防水コネクタを採用し、配線接続作業の省力化が図れ、工事工程の短縮につながる。(CVV ケーブルを用いた直列接続方式)
 
4.直流電源装置を電気室内に設置することにより、点検・交換のメンテナンス性が向上する。
 
5.LEDトンネル照明器具は、蝶番・錠などの腐食部品が無い構造で、落下防止や安全性が向上する。
 6.直流電源装置は、ネットワーク接続により事務所等に設置されたパソコンからWebによる遠隔監視ができるため、故障監視を始めとするリモートメンテナンス・予防保全が可能である。
 
 

■問い合わせ先
星和電機株式会社
https://www.seiwa.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 


  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会