建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> ビル用高性能省エネサッシ「ARM-SUシリーズ[U+タイプ]」 自然換気窓『風力すべり出し窓』発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

ビル用高性能省エネサッシ「ARM-SUシリーズ[U+タイプ]」 自然換気窓『風力すべり出し窓』発売

2019年4月9日 分類: 建築資材・工法

三協立山株式会社・三協アルミ社(本社:富山県高岡市、社長:中野 敬司)は、ビル用高性能省エネサッシシステム「ARM-S」のUシリーズ[U+タイプ]に、風の力を利用した新しい機構を持つ自然換気窓『風力すべり出し窓』を追加した。
 
風力すべりだし窓
 
■製品の概要
『風力すべり出し窓』は、風の力で開放角度を制御し室内に取り込む風量を調整して快適な室内環境を保つ。
また、独自の連動機構により、日常的に使う換気窓と非常時の排煙窓を一連のハンドル操作で切り替えることができるため、さまざまな用途で中高層建物に提案が可能である。
 

■製品の特長
1.風の力を利用した換気機能
受ける風の力によって障子の開放角度が変化する。風が弱い時は最大角度で開放し、室内に風を取り込むが、風が強くなるに従って開放角度を絞り、室内に取り込む風を調整する。
換気を行う際は、障子が開放して爽やかな風を取り込みながら、不意の強風が吹いても風の調整ができるため、快適な室内環境を実現できる。
 

2.排煙できる換気窓
「ARM-S」独自の連動機構により、日常で使う換気モードから非常時の排煙モードまで一連のハンドル操作で切り替えることができる。
 

3.配管工事・配線工事不要、簡単施工
換気と排煙の切り替えはハンドル操作でできるため、オペレーター装置(※2)の設置が不要となり、配管工事や配線工事は必要ない。
 

4.自由に連窓「ARM-S」独自のユニット連窓システムにより、「ARM-S」 Uタイプ、U+タイプの他の窓種と自由に連窓組み合わせが可能である。
 

※1 「ARM-S」Uシリーズ[U+タイプ]
Uシリーズは、「ARM-S」シリーズ共通のスリムなデザインを、より一般的に使用できるユニットサッシである。「ARM-S」シリーズ独自のユニットシステムにより、複数のユニットを組み合わせることで、連窓が可能となる。[U+タイプ]は、Uシリーズの耐風圧性や水密性などの基本性能をさらに向上させ、最大H3000mmまでの大開口も実現可能とした、中高層建物(地上約60m相当、地上15~20階程度目安)にも対応できるビル用高性能省エネサッシである。
 
※2 オペレーター装置…排煙時に窓を開閉するために使用する装置
 
 

■問い合わせ先
三協立山株式会社・三協アルミ社
http://alumi.st-grp.co.jp



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 


  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会