建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> コンパクトキッチン「Tio(ティオ)」をフルモデルチェンジ 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

コンパクトキッチン「Tio(ティオ)」をフルモデルチェンジ

2019年2月25日 分類: 住宅設備機器

株式会社LIXIL((本社:東京都千代田区、社長:瀬戸欣哉)は、マンション、アパート、戸建住宅、オフィスの新築やリフォームなど、さまざまな物件のニーズに幅広く対応するコンパクトキッチン『Tio(ティオ)』をフルモデルチェンジし、狭小物件向けの間口サイズや需要の多い対面型のペニンシュラタイプを新規追加し、2019年4月1日より全国で発売する。
 
Tio
 

■概要
『ティオ』は、90cmから210cmまで15cmごとの全9種類の間口バリエーションを取り揃え、間口に合わせて選びやすくなった。
さらに、奥行き60cmの壁付タイプだけでなく、ファミリー向けの物件で需要が多いリビングと対面する奥行き75cmと97cmのペニンシュラタイプを初めてラインアップに追加、9種類の全間口に対応する。
さらに、賃貸の部屋探しの主要な情報源となりうる検索サイトでの写真映えを重視し、ヴィンテージ感を演出する木目調の「エイジドオーク」や北欧調コーディネートに調和するソフトな色合いの「ノールグリーン」など、トレンドを意識した新色11色を含む19色を扉カラーにラインアップした。
取手はブラックとシルバーの2色から選択でき、さらにケコミのカラーも取手に合わせて同調するため、キッチンにより統一感が生まれる。
なお、標準仕様には、ワークトップとシンクのステンレスには汚れやサビに強いSUS304を使用している。
また、中央部の奥行きが45.5cmで広々と使いやすいラウンドシンクや、省エネ設計の「エコハンドル水栓」や「LED照明付レンジフード」など、耐久性や機能性に優れたアイテムを用意した。
 

■商品特長
1.さまざまな物件のニーズに幅広く対応
・間口バリエーション
今回のバリエーション強化で90cmから210cmまで15cmごとの全9種から間口を選ぶことができるようになり、より対応力が広がった。単身者からDINKS、ファミリーまで、建物やライフスタイルを問わず、それぞれの物件に合わせた最適なキッチン選べる。
 

・レイアウトバリエーション
壁付型のほか、ファミリー向けの賃貸物件での需要が多い、リビングと対面するペニンシュラタイプも90cmから210cmまで全9種類の間口に対応する。
奥行きも間取りや暮らしに合わせて75cmと97cmの2種類から選べ、コンロ正面の建築壁を生かして、シンク前のみオープンにするレイアウトも可能。テープルタイプの奥行97cmを選べば、テーブルを置く必要がなくなり、限られた空間でも使うことできる。
 

2.多彩なデザインで個性を演出
・部屋の雰囲気に合わせてキッチンスペースを演出できるよう、ヴィンテージ感のある木目調の「エイジドオーク」や北欧調コーディネートに調和するソフトな色合いの「ノールグリーン」などトレンドを取り入れた新色11色を含む全19色の扉カラーと2色の取手カラーを用意した。
さらに、デザインの統一感に細部まで配慮し、取手の色に合わせてケコミのカラーも同調する。
 

・扉カラー新色(11色)
 

3.質の高い耐久性と機能性
・優れた耐久性を発揮するSUS304
ワークトップとシンクのステンレスには、一般的なステンレスの中でも特にサビに強いとされるSUS304を採用。簡単な手入れだけで長く使用できる。
・広々と使いやすいラウンドシンク
シンクの中央部の奥行きは、中華鍋も余裕で洗えるゆったりサイズで、快適に調理や洗い物ができる。
またフランジが傾斜しているため、水が溜まらず手軽に掃除できる。
・省エネアイテム
お湯が混合する位置をクリックで知らせるエコハンドル水栓を標準仕様としている。
お湯を無意識に使わないため、無駄なエネルギーを使わない。さらに、LED照明搭載のレンジフードも標準仕様としている。
 

4.スタイリッシュな機器
洗練されたデザインと必要かつ十分な機能を兼ね備えたドイツ・グローエ製の水栓金具や、シンプルな美しさが特長のレンジフードもラインアップした。
 
 

■問い合わせ先
株式会社LIXIL
http://www.lixil.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会