建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 積雪地域型『耐積雪量150cm仕様』発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

積雪地域型『耐積雪量150cm仕様』発売

2019年2月14日 分類: 外構・造園

三協立山株式会社・三協アルミ社(本社:富山県高岡市、社長:中野 敬司)は、2015年に発売した身障者駐車スペース向け上屋「ウェルハート」のラインアップを拡充し、積雪地域でも設置可能な『耐積雪量150cm仕様』を発売する。
 
耐積雪量150cm仕様
 
 
■特長
1.耐風圧強度と耐積雪荷重を確保
・積雪地域型『耐積雪量150cm仕様』を追加
従来の一般地域型「耐積雪量30cm仕様」に加え、積雪地域でも設置可能な『耐積雪量150cm仕様』を新たにラインアップする。
『耐積雪量150cm仕様』には、雪止めを標準装備し、屋根下への雪の落下軽減を考慮している。
 

・耐風圧強度を確保
風の強い地域など日本全国幅広いエリアにて使用できる。
基準風速Vo=38m/sの耐風圧強度
 
 

2.従来の高さ2500mmに加え、新たに高さ3000mmを追加
『耐積雪量150cm仕様』(積雪地域型)、「耐積雪量30cm仕様」(一般地域型)に高さ3000mmを追加することにより、通路シェルター(屋根)との組み合わせ、間口方向への複数連結などより柔軟な納まりが可能になった。
※間口、奥行サイズについては、従来品の「耐積雪量30cm仕様」(一般地域型)と「耐積雪量150cm仕様」(一般地域型)ともに同じサイズ展開。
 
 

3.「バリアフリー新法」および「道路移動等円滑化基準」に準拠
バリアフリー新法および道路移動等円滑化基準(国交省令第116号)により、身障者用駐車スペースの有効幅は3.5m以上とし、その駐車スペースには屋根を設けることが基準化されている。
また、東京都の福祉環境整備基準により、3.5mのスペースのうち1.4mを乗り降り用スペースとすることが基準化されていることから、身障者の方が雪や雨に濡れずに安全かつ円滑に乗降できるための規格サイズを用意。
 
 
 

■問い合わせ先
三協立山株式会社・三協アルミ社
http://alumi.st-grp.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会