建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 『密閉形非常用LED灯器具(VCMAシリーズ』を発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

『密閉形非常用LED灯器具(VCMAシリーズ』を発売

2019年1月15日 分類: 電気設備資材・工法

星和電機株式会社(本社:京都府城陽市、代表取締役社長:増山晃章)は、LED照明器具STARLEDSシリーズの新ラインアップとして、『密閉形非常用LED灯器具(VCMAシリーズ)』を発売する。
 
VCMA260241V2
 

■商品の概要
『密閉形非常用LED灯器具(VCMAシリーズ)』は、保護等級IP55に適合しており、粉じんが発生する屋内環境や屋根のない屋外環境に設置可能である。
同社独自の光学設計技術を生かし、配光制御による明るさ確保により、通常時・非常時ともに効率的な明るさ確保を実現している。
特に非常点灯時は従来光源(蛍光灯)の製品よりも設置間隔が広くとれるため、設置台数の削減が可能となり、イニシャルコストを低減することができる。
通常点灯時の光源である直管形LEDランプが密閉度の高いランプ保護カバーに格納されており、汚れや腐食に強く、外的衝撃からもランプを保護。直管形LEDランプを採用しているため、ランプ交換が可能。停電時は内蔵電池で点灯する非常用光源を灯具端部に一本化。密閉形LED灯器具(LCMAシリーズ)と同エリアに設置するとデザインが統一できる。
また、非常灯の充電状態が一目でわかるようにランプモニター(緑色)が点灯。通常点灯時に緑色のランプが点灯していれば正常、ランプモニター消灯時は蓄電池の寿命で取り換え時期。蓄電池の寿命目安は4〜6年。蓄電池交換は器具を設置した状態で、簡単に短時間で作業することができる。蓄電池は環境にやさしいニッケル水素電池を採用しており、環境規制物質は不使用で環境負荷の低減にも努めている。
 

■特長
1.産業エリアで照明のオールLED化に貢献。
 

2.配光制御による明るさ確保で、設置台数の削減が可能。特に非常点灯時の設置間隔は既存光源のものより広くとることができる。
 

3.ランプモニターにより充電状態を確認できる(緑色:正常、消灯:異常)。
 

4.器具を設置した状態での電池交換が可能。電池交換時は電池室を開放し、コネクター、止めネジをはずすことで簡単・短時間に作業ができる(蓄電池の寿命目安は4〜6年)。
 

5.蓄電池は、環境にやさしいニッケル水素電池を使用している。
 

6.豊富な取付バリエーションを用意(全20機種)。
 

7.屋外仕様。保護等級IP55に適合し、水や粉じんの発生する過酷な環境でも安心して使用できる。
 

8.通常時の光源は直管形LEDランプで、ランプ交換が可能。
 

9.ガラスシリンダーで直管形LEDランプを、汚れ・腐食・外的衝撃などから保護する。
 
 

■問い合わせ先
星和電機株式会社
https://www.seiwa.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会