建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 河川BIM/CIM対応3D CAD『RIVER_Kit』をリリース 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

河川BIM/CIM対応3D CAD『RIVER_Kit』をリリース

2018年12月3日 分類: CAD、BIM・CIM

川田テクノシステム株式会社(本社:東京都北区滝野川、社長:山野長弘)は、建設系3次元CAD「V-nasClair(ヴィーナスクレア)」の機能拡張システムとして、3D河川堤防・河道設計システム『RIVER_Kit(リバーキット)』を12月5日にリリースした。
『RIVER_Kit』は、川田テクノシステムが河川設計に精通した建設コンサルタント7社と設立した「RFA研究会」の監修・技術支援を受けて開発された。
 
RIVER_Kit
 

■『RIVER_Kit』の主な機能
 

1 堤防設計
・「距離標」のデータを設定し「堤防法線」を作図するだけで、施工堤防高や計画高水位を自動按分し、3Dモデルを生成する。法線位置の変更シミュレーションも簡単に行える。
 

2 河道設計
・「河道中心線」を作図し中心線上に堤防高や高水位、高水敷高等を設定するだけで河道モデルを生成する。
 

3 BIM/CIM対応
・自動作成されたモデルにはICT施工に渡すための属性情報が自動付与される。
・「i-ConCIM_Kit」(別売)を利用すれば、即LandXMLの出力が可能。
・土工数量計算書のCSV出力も簡単に行える。
 

4 その他便利機能
・「用地境界線」を定義(作図)しておけば用地干渉状況が一目で確認可能。境界位置でサーフェスモデルの切断等が行える、「用地境界」コマンドを装備
・2次元の平面図・横断図・縦断図も自動作図
 

■「RFA研究会」とは
River Frontier Associations for CIMの略。川田テクノシステムの呼びかけにより2017年12月に、「河川BIM/CIMを牽引」すべく設立された研究会で、川田テクノシステムを幹事会社とし、建設コンサルタント7社が会員となっている。
【会員(五十音順)】
・いであ(株)
・(株)建設技術研究所
・(株)東京建設コンサルタント
・東京コンサルタンツ(株)
・日本工営(株)
・パシフィックコンサルタンツ(株)
・三井共同建設コンサルタント(株)
-----------
・川田テクノシステム(株)
 
 

■問い合わせ先
川田テクノシステム株式会社
http://www.kts.co.jp



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  住まいの建材.com

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会