建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 業界初の次世代ガルバリウム鋼板を採用した「スパンサイディングS」を新発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

業界初の次世代ガルバリウム鋼板を採用した「スパンサイディングS」を新発売

2018年7月25日 分類: 建築資材・工法

LIXILグループ傘下で、外装建材総合メーカーの旭トステム外装株式会社(本社:東京都江東区 代表取締役社長:阪本 浩一)は、金属外装材「Danサイディング」のニュースタンダードシリーズに耐食性に優れた業界初の次世代ガルバリウム鋼板を採用した『スパンサイディング S』を2018年8月1日から全国で発売する。
 

 
今回新たに発売する遮熱性フッ素SGL鋼板単色塗装品『スパンサイディング S』(4色)は、従来のガルバリム鋼板の3倍強の耐食性が期待できる次世代ガルバリウム鋼板(SGLR)を業界で初めて採用。SGLRの採用により耐食性が向上し「赤さび・穴あき 15年保証」を実現した。
さらに、芯材にはポリイソシアヌレートを採用し、防耐火性能の向上を実現したことで、準耐火建築物でも使用できる。また、遮熱効果の高い着色顔料のフッ素塗料を使用したフッ素鋼板を採用することで耐候性も向上し、塗膜を長持ちさせる。
 

■問い合わせ先
旭トステム外装株式会社
http://www.asahitostem.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会