建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> デザイン性の高いINAX床タイル13商品を新発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

デザイン性の高いINAX床タイル13商品を新発売

2018年4月6日 分類: 住宅建材

株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:瀬戸欣哉)は、住宅から非住宅まで美しく演出する高意匠なINAXブランドの内装床タイル・外装床タイルに13商品を追加し、2018年3月より発売した。
 
また、従来の工法をもとに、専用の工具と材料を使用することで施工効率を高めた2つの新工法を開発した。
 
デザイン性の高いINAX床タイル13商品を新発売
 
■製品の概要
戸建住宅向け外装床タイルは、上質に再現したスレート調の『ライトスレート』や落ち着きのあるバサルト調の『セラバサルト』の2商品を有色素地で用意。
 
集合・非住宅向け外装床タイルは、キラキラした質感のクォーツサイト調床タイルの『クォーツプレート』や、防汚・清掃性を高めメンテナンス性に優れた『スーパーグレイズ サンドグレイン』などを追加。
また、多くの人が集まるパブリック空間向けに、やさしい風合いで使いやすい色合いの舗装用タイル『メトロポリスEX』を発売。
 
さらに、内装床タイルには、コンクリート、石材の2つのデザインを持つ大型内床タイル『ネーベル』や、外装床タイルと共通デザインの『アヴァンティ 内床タイプ』などをラインアップ。
 
なお、施工効率を高めた新工法として、従来の「圧着張り工法」をベースに、下地作成工程の省略を可能とした『バックアンカーAF工法』と、「セメントペースト張り工法」をベースに、専用のクッションハンマーを使用し、10mm程度の適応タイルを叩き割れしにくく、かつ密着させる『バックアンカーCP工法』を新たに開発した。
 
■新工法について
1.バックアンカーAF工法
従来の「圧着張り工法」をベースとした工法で、圧着張りに必要な下地作成の工程を省略させ、工期の短縮を実現させる。
また、工法適応タイルとの組み合わせで裏面に大きな隙間を作ることなく、安定した接着面積を確保する。
※剥離・浮きの抑制のため工法適応タイルは、裏足のある300~600mm角(LIXIL商品)に限る。
 
2.バックアンカーCP工法
従来の「セメントペースト張り工法」をベースとした工法。
また、工法適応タイルとの組み合わせで浮きを抑制させる。
※剥離・浮きの抑制のため工法適応タイルは幅の狭い裏足を持つタイル(LIXIL商品)に限る。
 
■問い合わせ先
株式会社LIXIL
http://www.lixil.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会