建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 「リアルタイム割当制御機能」を搭載した新群管理システム『GA-2000』 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

「リアルタイム割当制御機能」を搭載した新群管理システム『GA-2000』

2017年9月8日 分類: 機械設備資材・工法

東芝エレベータ株式会社(本社:神奈川県川崎市、社長:松原和則)は、建物内でのエレベーターの動きをリアルタイムに解析し、未来予測を行いながら制御する「リアルタイム割当制御機能(RTS)」を搭載した新群管理システム『GA-2000』を発売した。
 
■製品の概要
建物内でのエレベーターの動きをリアルタイムに解析し、未来予測を行いながら制御する「リアルタイム割当制御機能(RTS)」を搭載。
RTSにより、最大待ち時間が39%、平均待ち時間が6%、従来機種に比べて向上。
また、エレベーター乗車前に行き先階を先行登録し、最適なエレベーターの運行管理を実現する乗場行先階登録システム「Floor NAVI」にも対応。
RTSが予測した運行状況の中から、エレベーターの台数を抑えた運行スケジュールを選択し、常時消費電力を抑えて運行する、省電力割当機能もある。
 
■問い合わせ先
東芝エレベータ株式会社
TEL:044-331-7030
http://www.toshiba-elevator.co.jp/elv/index_j.html/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会