建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 住宅用グラスウール断熱材に新ブランド『イゾベール』登場 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

住宅用グラスウール断熱材に新ブランド『イゾベール』登場

2017年9月4日 分類: 住宅建材

マグ・イゾベール株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:フランシス・ショレー)は、新たに住宅用グラスウール断熱材『イゾベール』シリーズを発表した。
 
住宅用グラスウール断熱材に新ブランド『イゾベール』登場
 
■製品の概要
この新たなブランドは、『イゾベール・スタンダード』(防湿層付き)と『イゾベール・コンフォート』(防湿層なし)の2商品で、住宅用高性能グラスウール断熱材である。
 
『イゾベール』はグラスウールが持つ「不燃性」「耐久性」「旧音声」「経済性」「保管性」といった特長はそのままで、施工者がストレスなく施工でき、また住人がより快適に過ごせるように、そして未来の世代のために持続可能な住環境をつくっていく、といった課題を解決するために開発された。
 
主な特長は下記の通り。
 
・従来品に比べて繊維飛散が50%以上削減。
 施工時の飛散を抑えることで繊維が皮膚に付着するのを防ぎ、不快感を改善。
・繊維を通常グラスウールの約半分の繊維径4μmにし、しなやかにすることで、繊維が皮膚に接してもチクチク感が少なく施工者の負担を軽減。
・しなやかな繊維を実現し、かつ従来品以上の剛性(曲げ強度、反発力)を確保し、施工性のよさを維持。
・繊維をより細かくすることで、より高い断熱性能を発揮し、快適な温度空間づくりをサポート。
 (24kgHG 熱伝導率0.035W/(m・K))。
・シックハウス症候群の一因とされるホルムアルデヒドを含まない原料により、安心でき空気室の確保に貢献。
・植物由来の結合剤(バインダ)を使用しているため、化石燃料に頼らない、より環境にやさしい商品。
 
■標準価格(税別)
2,900~13,200円
 
■問い合わせ先
マグ・イゾベール株式会社
https://www.isover.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会