建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 都市住宅密集地の特性に対応する耐震エクステリア『FIT制震WALL』 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

都市住宅密集地の特性に対応する耐震エクステリア『FIT制震WALL』

2017年8月30日 分類: 外構・造園

大林株式会社(本社:岐阜県郡上市、代表者:伊藤浩司)は、 コンクリートブロック塀の回収及び新規設置の塀アイテムとして、高強度、軽量躯体、耐震エクステリア製品の『FIT制震WALL』を開発した。
 
FIT制震WALL
 
■製品の概要
防火地域においても、高さ2m超の塀を造ることができる。
アルミ製構造体とガラス繊維強化プラスチック製主柱の採用で軽量化を実現。
これにより、施工現場が狭隘道路・狭小敷地の場合でも人力による搬入・施工が簡単。
オプションの防音材を内蔵すれば、防音壁としても使用できる。
壁の仕上げは、①窯業サイディング(不燃性)②壁塗り下地(吸音性)③複合板下地(難燃性)の3タイプ。
 
■問い合わせ先
大林株式会社
http://www.dairin-fit.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会