建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 外気に接する床用グラスウールボード『床トップ120』 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

外気に接する床用グラスウールボード『床トップ120』

2017年8月21日 分類: 住宅建材

マグ・イゾベール株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:フランシス・ショレー)は、省エネ基準仕様規定に適合した外気に接する床用のグラスウールボード120mm厚『床トップ120』を発売した。
 
外気に接する床用グラスウールボード『床トップ120』
 
■製品の概要
同製品は、建築物のエネルギー消費性能基準(省エネ基準)の適合義務化が2020年までに戸建て住宅も含む全ての新築の建築物で段階的に拡大している中、これからの省エネ住宅にもっと簡単に取り組めるように開発された商品である。
 
国土交通省が定める省エネ基準地域区分の4 〜7地域(温暖地域)の木造軸組構法の住宅で、車庫の上になる居室の床等、外気に接する床の省エネ基準仕様規定R3.3を達成。
これにより、全ての部位の住宅仕様基準に対応する商品の提案が可能となる。
 
既存の床トップシリーズと同様に撥水加工が施され、熱抵抗値は、床トップ80の1.5倍となった。
 
主な特長は下記の通り。
 
1.グラスウール密度32kg/m3 厚み120mm 熱抵抗値3.3(m2・K/W)
2.大きさは805×805mmと820×820mm 2種類の正方形
3.床梁間にジャストフィット
4.表面で水をはじく撥水加工
 
■問い合わせ先
マグ・イゾベール株式会社
https://www.isover.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会