建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 2D/3D建築プランニングソフト『3Dアーキデザイナー10 Professional』 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

2D/3D建築プランニングソフト『3Dアーキデザイナー10 Professional』

2017年7月25日 分類: 建築系

メガソフト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:井町良明)は、戸建て住宅からビルやマンションなどの高層建築物まで設計初期からラフスケッチを描くように3D建築モデルを作成でき、CADとのデータ互換により設計作業を効率化する2D/3D建築プランニングソフト『3Dアーキデザイナー10 Professional』を発売した。
同時に新販売方式としてクラウドライセンス形式を導入し、利用状況に合わせた購入方法が選択可能となった。
 
2D/3D建築プランニングソフト『3Dアーキデザイナー10 Professional』
 
■製品の概要
製品の主な特長は下記の通り。
 
●建築モジュールを配置して迅速にプランを作成
間取り作成部屋や共用部分、ドアや窓などの建具、フェンスや駐車場といった外構などのパーツを配置・サイズ指定していくだけで、ラフスケッチを描くように建築プランを作成できる。
数値を設定してラインを引き精密に作図することも可能。
 
●平面図と連動した3Dモデルで設計を視覚化
配置したパーツには床高や天井高などのサイズ情報、壁や床の質感情報などが含まれているため、瞬時に3D建築モデルとして立体化できる。
平面図と3D建築モデルは連動しており、3D側で修正した内容は平面図に、平面図側で修正した内容は3Dモデルに即時反映される。
 
●一部屋から高層建築までスケーラブルに対応
一部屋をプランすることも15階建ての高層ビルをプランすることも、同じ操作で行える。
業務内容や使用部門毎にソフトウェアを変える必要はない。
戸建て住宅から高層マンション、商業ビルまで同製品一つでプランニングできる。
 
●斜線制限を3Dでチェック、収支計画も迅速に
用途地域や建ぺい率、隣地、道路などの敷地条件を設定して、法規チェックが可能。
複数の用途地域を持つ敷地も設定でき、マンションなどの大規模建築にも対応。
斜線制限の範囲は3D建築モデル上で視覚的に表現できるので、施主への説明も容易。
 
●DWG、JWW、CEDXMなど各種CADフォーマットの入出力が可能
AutoCAD(R)用フォーマットのDWG、JW-CAD用フォーマットのJWW、プレカットCAD用フォーマットのCEDXMに対応し、それぞれのフォーマットでデータの入力、出力が可能。
3D建築モデルで視覚的にプランニングし、各種CADソフトと連携することで効率の良い設計環境を実現する。
 
●利便性と経済性に優れた新ライセンス販売スタート
一般的なパッケージ販売に加えて、使用期間を設定したライセンス販売「クラウドライセンス」を新たに導入。
クラウドライセンス版では3台までのPCにインストール可能で(※通常版は1ライセンスにつき1台のPCにのみインストール可能)、状況に応じてPCを切り替えて使用できる。
複数のスタッフでの使用や、別フロアのPCでの使用など、ユーザーの利便性を高めている。
また、クラウドライセンス料金には、インターネットレンダリングサービス「Optimage」の無制限利用権、建築素材ダウンロードサービス「メガソフトデータセンター」の365日利用権、スマートフォン用プレゼンサービス「3Dプレイス」の有料プラン(200ファイル/365日)が含まれいる。
 
■標準価格(税別)
ダウンロード版:280,000円
クラウドライセンス版:91,200円 ※365日間有効
パッケージ版:290,000円
 
■問い合わせ先
メガソフト株式会社
TEL:06-6147-2780
http://www.megasoft.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会