建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 『電子納品物作成閲覧システム Calssist Ver.15』提供開始 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

『電子納品物作成閲覧システム Calssist Ver.15』提供開始

2017年5月16日 分類: 建設共通

株式会社システムイン国際(本社:広島県三原市、代表取締役社長:水馬 久司)は、「国土交通省 CAD製図基準 平成29年3月」の新要領・基準・ガイドラインに対応した『電子納品物作成閲覧システム Calssist(キャルシスト) Ver.15』の提供を2017年5月9日に開始した。
 
『電子納品物作成閲覧システム Calssist Ver.15』のバージョンアップ版提供開始
 
■製品の概要
国土交通省は、2016年3月に続き2年連続で要領・基準・ガイドライン(CAD製図基準)を公開。
「電気通信設備編」や「機械設備工事編」も同時改正とし、「CADデータファイル命名規則」および「CADデータレイヤ命名規則」を変更する大規模なCAD製図基準の変更を実施した。
 
その背景には、i-Construction・ICT技術の全面的な活用推進に欠かせない「CADデータ」の保管・利活用方法の改善がある。
 
「CADデータ」をより効果的に活用するためには、「図面ファイル名」から作図内容を把握できることが必要となる。
「国土交通省 CAD製図基準 平成29年3月」の要領・基準では、「図面ファイル名」を元に「CADデータ」の作図内容を簡単に判断可能とするため、「図面ファイル名」に日本語記入が可能な“ユーザ定義領域”を追加。
 
またDRAWING(DRAWINGF)フォルダ内で、図面目録通りにソート活用することを想定し、「図面番号」を「図面ファイル名」の先頭に移動している。
CAD製図基準の「CADレイヤ名称の命名規則」についても、作図内容の把握を容易にすることを目的として、既存の「ユーザ定義領域」に日本語を記入できるよう仕様変更が行われている。
その他「同一工種内でのレイヤの活用」などを想定し、同一工種内でのレイヤ名称統一が行われた基準・ガイドライン改正となっている。
 
■問い合わせ先
株式会社システムイン国際
https://www.system-inn-kokusai.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会