建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> アイホンが配線工事が不要な『ワイヤレステレビドアホン』発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

アイホンが配線工事が不要な『ワイヤレステレビドアホン』発売

2017年5月1日 分類: 住宅設備機器

アイホン株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:市川周作)は、玄関子機と室内親機間の配線工事を不要とした
『ワイヤレステレビドアホン』を2017年4月20日に発売した。
 
アイホンが配線工事が不要な『ワイヤレステレビドアホン』発売
 
■製品の概要
既設のチャイムの取り替えでは、そのまま配線が使えない場合が多く、別途配線工事が必要となる。
また、室内においてインターホンが取り付けられていない場所に新たにテレビドアホンを取り付けたい場合にも、
配線工事が必要になるだけでなく、配線を壁面に露出する場合もあり、部屋の景観を損ねる場合がある。
 
同製品は煩わしい配線工事をすることなく、テレビドアホンの設置を可能にした。
カメラ付ワイヤレス玄関子機は乾電池を6本使用し、室内のモニター付ワイヤレス親機は充電式で、
充電台をコンセント(AC100V)に挿すだけで、簡単に設置ができ、
玄関子機からの電波が届く範囲であれば建物内のどこでも利用できる。
さらに室内のインテリアにマッチするシンプルで高級感のあるデザインを採用し、
持ちやすくするために、コンパクトで背面に向けて絞った形状とした。
 
カメラ付ワイヤレス玄関子機については、広角カメラを採用することで、
玄関周りの様子を左右画角約110°の範囲で広く捉えることが可能。
また、へアライン調の表面デザインはシンプルでありながらエクステリアと調和し、
明るい色調の外構にも馴染むシルバー色を採用。
また、乾電池は約2年間交換不要となっている。
 
ワイヤレステレビドアホンは、チャイムからの取り替えやインターホンが設置されていない建物やアパート等での
防犯の一助として役立つ。
 
主な特長は下記の通り。
 
【モニター付ワイヤレス親機の特長】
・モニター付親機もワイヤレスのため、電波が届く室内であればどこででも利用可能。
・DECT準拠方式を採用し、他機器との電波干渉が少なく安定した通信を実現。
・留守中でも来訪者をあとから確認できる自動録画が可能。(1件につき3枚の静止画、最大100件)
・ホワイトとシルバーのコントラストで高級感のある色調。
・背面に向けて絞った形状は手にフィットしやすく、持ちやすいコンパクトなサイズ。
・広角カメラで捉えた玄関周りをワイド画面で表示。
 
【カメラ付ワイヤレス玄関子機】
・シンプルでありながら、ヘアライン調の表面デザインで高級感を演出。
・明るい色調の外構にもなじむシルバー色。
・逆光で映像が見にくいときは、みやすさボタンで見やすく補正。
・夜間LED照明が自動で点灯することで、夜もカラーで確認が可能。
 
■問い合わせ先
アイホン株式会社
TEL:0120-141-092
https://www.aiphone.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会