建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 建築ピボット 建築設計・製図CADの新バージョン『DRA-CAD15シリーズ』 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

建築ピボット 建築設計・製図CADの新バージョン『DRA-CAD15シリーズ』

2016年10月31日 分類: CAD、BIM・CIM

株式会社建築ピボット(本社:東京都文京区、代表取締役社長:千葉貴史)は、データ連携の強化、構造や法規などの
専門分野の機能の充実など、様々な改善を行った建築設計・製図CAD『DRA-CAD15シリーズ』を新発売する。
 
建築ピボットが建築設計・製図CADの新バージョン『DRA-CAD15シリーズ』を発売
 
■製品の概要
「DRA-CAD」は、直感的に目的の操作が行える建築設計・製図CADである。
デザイン、シミュレーション、プレゼンテーション、基本設計、実施設計、行政への各種申請・届出、施工図作成、
維持管理関連業務など、建築の企画から生産、運用までのあらゆる場面をカバーし、
さまざまな業種、職種のユーザーが利用できる設計支援ソフト。
PDFのCADデータ変換をはじめさまざまな形式のデータを有効利用でき、他社CADデータ(DWG/DXF/JWW)や
SXFとの互換性に優れている。
また、IFCファイルを介してBIMソフトとも連携可能。
面積表や建具表、法規対応機能、構造図作成コマンドも標準装備し、画像や文字の表現手法も多彩。
 
今回の新バージョンでは、同社の「i-ARM」をはじめとしたさまざまなソフトウェアのデータを利用し、設計業務を円滑に進めるため、互換性の向上や連携機能の強化を行った。
また、図面編集に関するコマンドの改良や、構造設計や設備設計向けの新機能、法規や建築計画の専門機能などの機能を追加した。
主な特長は下記の通り。
 
●データ連携、リソース共有による円滑な設計業務をサポート
・AutoCADとのデータ変換
・Jw_cadとのデータ変換
・i-ARMとの連携
・分散レンダリング
 
●構造設計、設備設計向け機能
・網掛けハッチング
・クイックメジャー
・グリッド
 
●3次元の表現手法の追加と操作性の向上
・帯筋文字
・断面性能
・アイソメ変形
 
●法規など建築専門機能
・任意座標求積表
・有効換気面積(居室)の計算
・トイレの適正器具数算定
 
●その他の新機能
・ポリライン内選択と前回の選択
・マルチタッチ対応
 
※出荷時期
【DRA-CAD15】2016年11月1日出荷
【DRA-CAD15 LE】2016年11月15日出荷
 
■標準価格(税別)
【DRA-CAD15(建築設計・製図CAD)】:190,000円
【DRA-CAD15 LE(2次元製図CAD)】:95,000円
 
■問い合わせ先
株式会社建築ピボット
http://www.pivot.co.jp/index.html



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会