建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> エクソルがオリジナル多結晶太陽電池モジュール『XLKT-215PK』を販売開始 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

エクソルがオリジナル多結晶太陽電池モジュール『XLKT-215PK』を販売開始

2016年10月17日 分類: 住宅設備機器

株式会社エクソル(代表取締役社長:鈴木伸一、本社:京都市中京区)は、10月3日より多結晶太陽電池モジュール
『XLKT-215PK』を販売開始した。
 
エクソルがオリジナル多結晶太陽電池モジュール『XLKT-215PK』を販売開始
 
■製品の概要
『XLKT-215PK』は現在販売中のオリジナル多結晶太陽電池モジュール「XLKT-205PK」の後継品である。
同社は9月1日にオリジナル多結晶太陽電池モジュール「XLKT-325PK」を販売開始、9月2日にはオリジナル工法「X-large」の発表と、産業向けのソリューションを提案してきたが、今回発売される同製品は主に住宅向けとなっている。
主なの特長は下記の通り。
 
1.住宅屋根などに調和する黒色のフレームを採用
屋根との調和を考慮した黒色のフレームを採用しているので、景観を重視するユーザーにも推奨できる。
 
2.高い技術力による確かな品質
オリジナル多結晶太陽電池モジュール「XLKTシリーズ」は、「XLKT-215PK」以外にも「XLKT-270PK」、「XLKT-325PK」と
ラインアップが豊富。
住宅屋根から広大な土地まで、設置する環境や条件に合わせて種類を選ぶことが可能で、。また、「XLKT-215PK」にも
「XLKTシリーズ」の特長であるバスバーを4本配線する「4本バスバー」を採用している。
高い技術力により生産された確かな品質で、長期間にわたる安定した発電を実現。
 
3.安心の製品・出力保証を付帯
エクソルのオリジナル太陽電池モジュールには、製品保証を10年、出力保証を25年付帯。
製品に製造上の不具合が発見された場合や、当社が定めた経年出力値を下回る場合などには、
速やかに修理または良品との交換に対応。
※ 補償内容は、不具合判定の結果により異なる。
 
■問い合わせ先
株式会社エクソル
TEL:0120-33-1139
https://www.xsol.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会