建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> アサヒテクノが揚水した地下水を地上に開放せずに処理する復水工法『真空プレス型リチャージウェル工法(VPRW工法)』を開発 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

アサヒテクノが揚水した地下水を地上に開放せずに処理する復水工法『真空プレス型リチャージウェル工法(VPRW工法)』を開発

2016年9月20日 分類: 土木資材・工法

株式会社アサヒテクノ(本社:岩手県北上市,代表取締役:高橋茂吉)は,地下水位低下工法である
「スーパーウェルポイント工法(SWP工法)」と一体として運転する地下水の復水工法として、
『真空プレス型リチャージウェル工法(VPRW工法)』を開発した。
 
 
アサヒテクノが揚水した地下水を地上に開放せずに処理する復水工法「真空プレス型リチャージウェル工法(VPRW工法)」を開発
 
 
■工法の概要
掘削工事を伴う建設現場においては、水替工(地下水位低下工)とともに、揚水した地下水の排水処理は重要である。
しかし、排水先が河川の場合には管理上の、下水道の場合には費用負担の課題がある。
そのため復水による地下水の処理技術が期待されているが、一般的にはまだ確立しておらず、
特に各部目詰りの解消が課題となっている。
VPRW工法はSWP工法と一体化した技術で、SWPにより揚水した地下水を地上に開放することなく復水するものであり、
特に目詰り防止を図る工夫が施されている。
主な特長は下記の通り。
 
1. 地下水中の固形物質の生成防止と除去
・SWP工法による地下水の脱気および連続配管による地下水の酸化防止技術
・ハイウェイ洗浄による井戸周辺地盤中の微粒子の排除
・「とるとる砂Q」(砂分除去装置)による微粒子の排除
2. 透水性地盤の選択・地盤の透水性の改善
・ハイウェイ洗浄による復水地層の透水性の改善
3. 加圧および復水ブロー防止技術
・プレスポンプの設置および止水パッカーの施工
 
■問い合わせ先
株式会社アサヒテクノ
http://www.asahitechno.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会