建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> より簡単に、低コストで建造物の3DCG化を実現する『ジオウォーク』の提供開始 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

より簡単に、低コストで建造物の3DCG化を実現する『ジオウォーク』の提供開始

2016年9月16日 分類: CAD、BIM・CIM

ビジュアルコミュニケーション事業を展開する株式会社アマナ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:進藤博信)は、
より簡単に、低コストで建造物の3DCG化を実現する『ジオウォーク』を、2016年9月より提供開始した。
 
より簡単に、低コストで建造物の3DCG化を実現する『ジオウォーク』の提供開始
 
■製品の概要
『ジオウォーク』は、実際に存在する空間を特殊なカメラを用いて撮影することにより、短納期で3D化することができる
3DCGモデリングサービスである。
3DCG化された空間はWEBブラウザ上で閲覧でき、ドールハウス(3DCG鳥瞰図)やフロアプラン(3DCG平面図)のほか、
一般的な360度パノラマウォークスルー(写真内観)などの方法で建物の中を隅々まで見ることが可能。
撮影者の技術や感性が反映される写真と異なり、現存する建造物をありのままの姿で3DCG化する。
 
設計図にあたるCAD等のデータを基に3DCG化する従来の方法では、納期までの期間が非常に長く、
費用が高額になりがちなため導入に大きな決断が必要であった。
そこで同製品は、撮影から納品までの期間をおよそ1日と、短期間でのデータ提供を可能とした。
費用も従来の方法と比較すると圧倒的に低価格で利用できる。
 
さらに、特殊な専用ソフトをインストールすることなくWEBブラウザで閲覧が可能で、管理はクラウド上で行うため、
導入のハードルは低く利用者間の共有管理も簡単。
また、光学撮影と同時に赤外線によるスキャンを行っているため、3DCG上の任意の2点間の正確な距離情報を把握することが可能。
大きな機材や家具を配置する際に、現場に出向かずに仮計測を行うことができる。
 
その他にも不動産の現地調査、ホテルなどの営業支援ツール、建築・建設現場の施工管理ツール、歴史的建築物や芸術作品、
展示物のアーカイブを目的に利用することが可能。
 
■標準価格
1モデル50万円程度~
 
■問い合わせ先
株式会社アマナ
TTEL:03-3740-4140
http://amana.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会