建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> サンゲツがクッションフロアの新見本帳『2016-2018 H-FLOOR』を発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

サンゲツがクッションフロアの新見本帳『2016-2018 H-FLOOR』を発売

2016年9月15日 分類: 建築資材・工法

株式会社サンゲツ(本社:愛知県名古屋市、社長:安田正介)は、戸建やアパートなどの賃貸住宅のほか、サービス付き高齢者住宅、ショップなど各種施設にも幅広い用途を持つ塩ビ床シート“クッションフロア”の新作見本帳『2016-2018 H-FLOOR』
9月14日に発売した。
 
サンゲツがクッションフロアの新見本帳『2016-2018 H-FLOOR』を発売
 
■製品の概要
同見本帳では、階下への音の伝わりを軽減する“遮音フロア”をはじめ、ペットとの暮らしを快適にする“消臭快適フロア”などの
機能性アイテムを含む全133柄・272点のラインアップ。
主な特長は下記の通り。
 
1.自分らしいライフスタイルを提案する「コーディネートレシピ」
「インテリアはもっと自由でもっと面白い」をコンセプトとした、3名のスタイリストとのコラボレーション企画。
DIY、オーガニック、スタイリッシュなど、選ぶのが楽しくなるようなデザインを全8点収録し、素敵で居心地のいい空間を叶えるための
ライフスタイルを提案。
 
2.暮らしやすさにこだわった「機能性アイテム」
消臭機能やキズ付きにくさ、滑りにくさを備え、ペットとの暮らしにも安心な“消臭快適フロア”や、全厚4.5mmで裏面に
特殊ウレタン発泡層を貼り付けた “遮音フロア”、転倒時の衝撃を緩和し、保温性に優れる“3.5mm厚フロア”や”コルクタイル“など、
さまざまな機能性アイテムで毎日の暮らしやすさをサポート。
 
3.幅広い用途に対応する「CMフロア(店舗用クッションフロア)」
2.3mm厚を中心とした“CMフロア”は、土足が前提の店舗やサービス付き高齢者住宅など、各種施設での多様な用途にも対応。
遊び心のあるペイントウッド調のパーケット柄や、板巾が約25cmあるダイナミックでリアルな木目柄など、デザイン性が高く
ユニークな商品も魅力的。
 
※同見本帳は、設計事務所や建設会社、工務店で閲覧できるほか、サンゲツウェブでサイト内のオンラインカタログ
 「デジタルブック」でも公開している。
 
■問い合わせ先
株式会社サンゲツ
http://www.sangetsu.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会