建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 三和グランドが歩行者系舗装材『パワーペイブサンド』を発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

三和グランドが歩行者系舗装材『パワーペイブサンド』を発売

2016年6月24日 分類: 外構・造園

三和グランド株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:山本 周二)が、強度と保水性・透水性に優れた建築外構向けの歩行者系舗装材『強化型保水性環境舗装材パワーペイブサンド』を発売した。
 
三和グランドが歩行者系舗装材『パワーペイブサンド』を発売
 
■製品の概要
「建築外構」において、近年、真夏の暑熱対策の必要性が叫ばれており、その対策の一つとして、舗装については保水性舗装の有効性が環境省などからも示されている。
一方で、搬入車両、管理車両、緊急車両など、車両の乗り入れも多く、歩行者系舗装材といえども耐荷重、強度が求められる。
そうした中、同社は、「高炉水砕スラグ」を利用した従来の舗装材の技術・ノウハウをベースに、骨材に単粒度砕石を配合し、強度と保水性・透水性に優れた舗装材を開発。
製品の主な特長は下記の通り。
 
1.強度、耐荷重性
曲げ強度は40kgf/cm2以上であり、歩行者系舗装材の中でも高い数値を実現。
 
2.保水力・透水性
t=7cmの場合1?当たり約16リットルの水を貯えることが可能。
毛細管現象で路盤から水も吸い上げ保水力を維持。
雨水を速やかに透水するため、水たまりができにくく、雨中、雨後でも快適な歩行性が得られる。
 
3.雨水排出抑制効果
上記の通り高い保水性と透水性により、特に都市部で建物の新設時に要求される雨水排出抑制効果がある。
 
4.耐久性
「高炉水砕スラグ」は、高炉セメントの材料であり、降雨の繰り返しにより水和反応を起こし、3〜5年をかけて強度が増進していく特性がある。
これにより、高い耐摩耗性、強度および耐久性を発揮。
 
■問い合わせ先
三和グランド株式会社
TEL:03-3839-8501
http://www.sanwagrd.co.jp/power-pave-sand



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会