建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 三協アルミが人工木デッキ・ガーデンルームにペット向けアイテム追加 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

三協アルミが人工木デッキ・ガーデンルームにペット向けアイテム追加

2016年3月8日 分類: 外構・造園

三協立山株式会社・三協アルミ社(本社:富山県高岡市、社長:蒲原 彰三)は、既存のデッキやガーデンルームに、ペット用スロープやフェンスなど、ペット向けのアイテムを追加し、3月1日に発売した。
 
三協アルミが人工木デッキ・ガーデンルームにペット向けアイテム追加

 
■製品の概要
ペットブームを背景に、市場が順調に拡大している近年、ペットとともに暮らす住まいづくりを提案する。
各製品の主な特長は下記の通り。
 
●人工木デッキ「ひとと木2」に【ペット用スロープ】追加
犬にとって、上り下りや大きな段差は足腰の負担となりやすいが、デッキにスロープを設置すれば、上り下りも負担が軽くで、ペットの怪我の予防にもなる。
よって、従来のスロープよりペット用に幅をサイズダウンし、スロープ角度を大きくしたものを新たに設定。
より小さいスペースでスロープが設置可能になり、スペースの有効活用が可能。
「ひとと木2」は人工木デッキであり、優しい手触りでありながら割れや筋がなく、さらに木目床板は表面の凹凸により滑りにくくなっているため、安心して犬を走らせることができる。
 
●犬の逃亡防止アイテムを追加
デッキ上フェンスに、従来の人工木・マイリッシュ・アルミ横格子に加え、メッシュフェンスを追加。
メッシュの線材ピッチを130mm×50mm、フェンス下部すき間を50mmに設定しているため、小型犬でも逃亡しにくく、デッキ上をドッグランとして使用可能。
同意匠のメッシュ門扉もラインナップしており、デッキと意匠を統一することが可能。
また、門扉の錠は打ち掛けタイプのため、南京錠の取り付けも可能。
さらに、既存のデッキ上フェンスに取り付けできる「すき間カバー」も新たに設定。
フェンスを設置済みでも後付けが可能で、人工木・マイリッシュタイプのフェンスに対応し、門扉用もラインナップしている。
 
●人工木デッキ「ひとと木2」に日除け「ラクシェード」を取り付け可能
夏場など、デッキ上が高温になりやすい時期に簡単に日陰を作ることができるよう、外付けロールスクリーン「ラクシェード」を固定できる専用取付金具を追加した。
 
●囲い商品「晴れもようⅢ」/ガーデンルーム「ハピーナ」に【ペット用網戸】追加
従来品より頑丈な網を使用した、犬や猫が引っ掻いても破れにくい専用網戸である。
 
■問い合わせ先
三協立山株式会社・三協アルミ社
TEL:0120-53-7899
http://www.st-grp.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会