建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 壁面設置型の低反射環境配慮型太陽光発電システム 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

壁面設置型の低反射環境配慮型太陽光発電システム

2016年3月4日 分類: 電気設備資材・工法

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(本部:川崎市幸区、理事長:古川 一夫)は、株式会社 カネカ(本社:大阪市北区、代表取締役社長:角倉 護)との共同研究「太陽光発電多用途化実証プロジェクト」で、壁面設置型の低反射環境配慮型太陽光発電システムを開発し、実証試験を開始した。
 
壁面設置型の低反射環境配慮型太陽光発電システム
 
■システムの概要
本システムは、壁面設置型の大きな課題である光害対策のための防眩機能を有し、また多彩な色をつけることで意匠性を高め、フレームレスで設置することが可能となるものである。
本実証試験は、横浜市戸塚区の大成建設株式会社 技術センター内で実施。
色の自由度を高めた多彩な低反射モジュールの光を閉じ込める技術により、年間日射のほとんどが斜入射となる建物壁面設置の太陽光発電システムにおいて、年間発電量の向上を実証する計画であり、ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)を実現する壁面設置型の太陽光発電システムの実用化を目指す。
 
■問い合わせ先
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
TEL:044-520-5277
http://www.nedo.go.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会