建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 3Dで建築学生の理解を深める住宅ソフトが自動ムービー作成に対応 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

3Dで建築学生の理解を深める住宅ソフトが自動ムービー作成に対応

2015年11月12日 分類: 建築系

メガソフト株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:井町 良明)は、平面図を描くだけで建築物として自動的に立体化し、意匠確認や検討が手早くできる操作性で建築を学ぶ学生の理解が深まる3D住宅デザインソフトの教育機関向け最新版『3DマイホームデザイナーPRO9 スクールパック』およびインテリア学科向け製品『3DインテリアデザイナーNeo3コーディネートトレーニングセット』を11月13日に発売する。
 
3Dで建築学生の理解を深める住宅ソフトが自動ムービー作成に対応
 
■製品の概要
各製品の主な特長は下記の通り。
 
『3DマイホームデザイナーPRO9 スクールパック』
●マウス操作で簡単に間取りプランを作成

部屋や建具、家具や設備など、あらかじめ収録されている部品をマウスで配置するだけで簡単に間取りプランが作成できる。
間取りプランからワンタッチで立体的な3Dの住宅モデルが制作可能。
●自動経路設定可能なウォークスルー機能
始点と終点を設定するだけで間取りに自動的に経路を設定でき、階を跨いでの移動も可能な新ウォークスルー機能を搭載。
WAV形式・AVI形式でのムービー出力も可能。
●ドーマー・天窓などの屋根装飾機能(新機能)
ドーマーや天窓など、屋根を飾るための各種デザインをワンタッチで設定可能。
●すぐに授業に使える視聴覚教材を収録
木造建築の仕組みと各部の名称、屋根・階段の構造、和室の構造・名称を3DCG動画で分かりやすく解説した教材を付属している。
 
『3DインテリアデザイナーNeo3コーディネートトレーニングセット』
●機能アップしたウォークスルー

ドアの開き勝手や、家具を置いたときのスペースなど、図面だけでは伝わらない空間を確認可能。
使う人の目線に合わせて、背の高さや段差などの設定できるので、プラン検討にも役立つ。
●前景レイヤ機能
パースの手前に樹木や花、簡易レンズフレアなど全25種類の前景レイヤを収録。
透過PNG形式での画像読み込みにも対応。好みの画像を前景として設定できるようになった。
●テクスチャの作成と編集
部屋の壁紙やフローリングに使うテクスチャ素材は、画像データをドラッグ&ドロップで自由に取り込むことができる。
色の濃さや明るさ、角度なども調整可能。
●質感表現がアップ
外壁材などの凹凸の表現、タイルや皮革製品の光沢感の表現が大幅に向上。
ソフトシャドウによる柔らかな影の表現などと合わせて、リアルタイムで高品質なイメージでの確認が可能。
 
■標準価格(税込み)
『3DマイホームデザイナーPRO9 スクールパック』ボリュームライセンス:37,260円
『3DマイホームデザイナーPRO9 EX スクールパック』ボリュームライセンス:65,340円
『3DインテリアデザイナーNeo3コーディネートトレーニングセット』ボリュームライセンス:37,260円
 
■問い合わせ先
メガソフト株式会社
TEL:06-6147-2780
http://www.megasoft.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会