建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> インフラ維持管理の効率化を目的とした画像計測ソリューション『Nivo-i』 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

インフラ維持管理の効率化を目的とした画像計測ソリューション『Nivo-i』

2015年10月13日 分類: 建設共通

株式会社 ニコン・トリンブル(本社:東京都大田区、代表取締役社長兼CEO:丹澤 孝)は、画像処理技術と位置計測技術を融合した新しいスタイルの画像計測ソリューション『Nivo-i』を2016年1月下旬に発売する。
 
インフラ維持管理の効率化を目的とした画像計測ソリューション『Nivo-i』
 
■製品の概要
インフラ維持管理分野を中心に、防災、建築などさまざまな分野で、自動化や作業の効率化、安全性を提供できるソリューション。
“Aimingカメラ”“Findingカメラ”“Plumbingカメラ”の3つのデジタルカメラ(イメージセンサ)と高精度測距機能を搭載し、デジタル画像と高精度位置情報の取得を実現した。
Aimingカメラは、200万画素、超望遠レンズの約1,600ミリ相当により、長距離の測定、観測が可能。
国土交通省が昨年度発表した「橋梁長寿命化計画」においては、道路橋の点検業務を実施する際の写真計測と位置情報取得が必要になっている。
今回開発したひび割れ自動検出・測定技術とデジタル画像により、橋梁の点検・データ管理が容易になり、業務の生産性向上に繋がる。
防災分野では、微動自動制御、測量機能、ターゲットサーチ機能により、複数点のモニタリング観測を可能にした。
建築分野では、AR(仮想情報を画面上に表示)機能により、3D設計データを本製品に取込み、本体のディスプレイ上に表示させることで、現況と設計データを現場で視覚的に確認できるようになった。
また、計測範囲を画面上で指定して座標計測や写真撮影を行う“グリッド観測”機能も搭載し、観測後も座標の確認や形状確認がオフィスでも容易に行えるようになっている。
 
■標準価格(税込み)
本体:3,456,000円
 
■問い合わせ先
株式会社 ニコン・トリンブル
TEL:03-3737-9411
http://www.nikon-trimble.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会