建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 透明樹脂製消火器の水系タイプ『CALMIE WET TYPE』 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

透明樹脂製消火器の水系タイプ『CALMIE WET TYPE』

2015年7月21日 分類: その他

帝人株式会社(本社:大阪市中央区、社長:鈴木 純)と株式会社 初田製作所(本社:大阪府枚方市、社長:初田 和弘)、株式会社 フロンティア(本社:長野県上田市、社長:中村 喜則)は、本体容器素材に透明樹脂を採用した水系消火器を共同開発し、『CALMIE(カルミエ)WET TYPE』の製品名で初田製作所より7月21日に発売した。
 
透明樹脂製消火器の水系タイプ『CALMIE WET TYPE』
 
■製品の概要
主な特長は下記の通り。
 
●SAFETY(安全)
本体容器の素材である帝人のPEN樹脂「テオネックス」は、耐腐食性・耐候性・耐薬品性などの耐久性が高いため、本体容器の腐食を原因とする破裂事故が起こりにくく、促進耐候性試験でも、経年劣化が20年以上起こらないという結果が出ている。
破壊時にも本体容器が粉々に砕けることがないため、万一破裂した場合にも破片が飛散しない。
さらに、融点が約270℃と金属に比べて低いため、火炎に接触すると、内圧が上昇する前に容器が溶けてしまい、破裂に至ることがない。
また、ノズル構造の見直しにより、金属製の水系消火器と比べて消火剤放射時間が約2倍(初田製作所 従来品比)と長いため、落ち着いて消火活動を行うことが可能。
●SECURE(安心)
容器が透明であることから、消火剤の量や変化、異物混入の有無などを外部から容易にチェックすることができるため、消火器を使ったテロ対策などへの貢献も期待することが可能。
●UNIVERSAL DESIGN(思いやり)
ユーザーへの思いやりを積極的に具現化したユニバーサルデザインの消火器。
「軽いものほど使用しやすい」という設計思想に基づき、本体容器の素材を樹脂化することで軽量化を実現しただけでなく、人間生活工学とモニター調査に基づいて火災時にも持ち運びやすくするとともに、消火の際、放射時に握る力をかけやすい太さと形状のレバー、消火作業中に消火剤の放射方向を定めやすいように持ち手を付けたホースなど、使いやすさを極めた設計としている。
 
■標準価格(税抜き)
22,000円
※リサイクルシール別途
 
■問い合わせ先
株式会社 初田製作所
TEL:03-6432-4464
http://www.hatsuta.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 


  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会