建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 三協アルミが建物の躯体を傷めず設置可能な『独立フレーム』を発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

三協アルミが建物の躯体を傷めず設置可能な『独立フレーム』を発売

2015年4月20日 分類: 外構・造園

三協立山株式会社・三協アルミ社(本社:富山県高岡市、社長:蒲原 彰三)は、住宅の躯体構造を傷めずにガーデンルームやテラス囲いを設置できる、『独立フレーム』を2015年4月に発売する。
 
三協アルミが建物の躯体を傷めず設置可能な『独立フレーム』を発売
 
■製品の概要
同社の「ハピーナ」「スマーレ」「晴れもようⅢ」に対応。
従来はガーデンルームやテラス囲いを設置する際、柱や間柱などの躯体にねじで固定する必要があったが、本製品により外壁から70mm離れた位置に施工した独立フレームに「ハピーナ」「スマーレ」「晴れもようⅢ」本体を固定するため、躯体にねじを打ち込む必要がなく、住宅の柱や間柱などの躯体を傷めず設置することが可能。
また、雨避け材により、外壁と独立フレームのすき間からの雨水浸入や風の吹き込みを防ぐ。
雨避け材は、偏芯プラグの採用により外壁材に直接固定するため、防水シートを傷めない。
さらに、柱の根元に補強を標準装備し、揺れに強い構造となっており、雨避け材のタイト材によって揺れを吸収する。
これにより、シーリングが切れにくくなっている。
 
■問い合わせ先
三協立山株式会社・三協アルミ社
TEL:0120-53-7899
http://alumi.st-grp.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会