建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 省エネへの対応強化と利便性をアップした『ARCHITREND ZERO 2015R1』 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

省エネへの対応強化と利便性をアップした『ARCHITREND ZERO 2015R1』

2015年4月15日 分類: CAD、BIM・CIM

福井コンピュータアーキテクト株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:林 治克)は、改正省エネ基準(平成25年度基準)への対応をさらに強化した『ARCHITREND ZERO 2015R1』を4月23日にリリースする。
 
省エネへの対応強化と利便性をアップした『ARCHITREND ZERO 2015R1』
 
■製品の概要
平成25年10月に改正省エネ基準(平成25年度基準)が施行されたが、本年度4月より長期優良住宅やフラット35Sの申請を行う場合、上記基準での申請が必須となった。
また、省エネ住宅ポイントの受付も開始され、省エネに関する施主の関心はますます高まると考えられる。
本製品では高断熱高気密住宅に採用が増えている「付加断熱工法」への対応を始めとし、申請時に必要となる「一次エネルギー消費量算出プログラム」への連携、省エネ住宅ポイント申請書類への対応など申請業務における利便性をさらに高めている。
主な特長は下記の通り。
 
●新省エネ基準対応「温熱環境計算プログラム」
本製品で行った外皮性能計算の結果を、独立法人建築研究所「一次エネルギー消費量算出プログラム」へ連携できるようになった。
また、高気密高断熱住宅で採用が増えている「付加断熱工法(充填断熱+外張断熱)」に対応した。
さらに、建具の取得日射量補正係数に定数を用いる方法に対応し、チェックの手間を大幅に削減することが可能となった。
 
●TREND CAの申請書式の追加
省エネ住宅ポイント対象住宅証明書発行に対応した申請書式を追加した。
 
●木造建築物電算プログラム認定の取得
公益財団法人日本住宅・木材技術センターの木造建築物電算プログラムの認定を取得(ARCHITREND ZERO 性能表示-構造 Ver.1.0)。
木造合理化システム認定(長期性能タイプ)を取得する場合の計算プログラムとして利用が可能。
 
■標準価格(税抜き)
3D建築CADシステム『ARCHITREND ZERO 2015R1』
【基本プログラム】
ZERO基本 800,000円~
〔内容〕 平面図(ウォークスルー・Jw/DXF/DWGデータ立体化・家相チェック・3D部品登録)、天井伏図、屋根伏図、配置図、立面図、ARCHITREND Manager
【オプションプログラム】
温熱環境計算 150,000円
木造壁量計算 150,000円
木造構造計算 300,000円
 
■問い合わせ先
福井コンピュータアーキテクト株式会社
TEL:0776-67-8850
http://archi.fukuicompu.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会