建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> YKK APが外構製品『ルシアス』シリーズのラインナップを拡充 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

YKK APが外構製品『ルシアス』シリーズのラインナップを拡充

2015年4月9日 分類: 外構・造園

YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、玄関ドアとデザインを融合し統一感のある美しい住まいの外観を演出する『ルシアス』シリーズに4つの新製品を追加し、4月20日より順次発売する。
 
YKK APが外構製品『ルシアス』シリーズのラインナップを拡充
 
■製品の概要
今回追加される各製品の主な特長は下記の通り。
 
●ルシアス サインポール
表札・インターホンに特化したサインポール。
従来主流のオールインワン(ポスト・表札・インターホンが一体)ではできない新たな玄関アプローチを提案する。
ポストを玄関脇に設置して郵便物の取り出しを容易にすると同時に、道路側のサインポールが、敷地境界を明確にする役割を果たし、心理的な結界として敷地内への侵入抑制効果を発揮し、来訪者の敷地への侵入を適度に抑制する。
さらに、ポストの機能を分割することで、軽快な印象のフォルムを実現。
同社のスマートドア「ヴェナート」とのコーディネートにより、狭い敷地でも奥行の感じられるアプローチの形成を可能にする。
 
●ルシアス ウォール
工期を大幅に短縮できる乾式門袖製品。
従来の湿式施工では3業種7日間ほどを要したものが、工場で化粧パネルまでを取り付けた半完成品出荷とすることで、1業種1日間での施工が可能となり、現場での作業負荷や施工精度による品質のばらつきも低減する。
また同サイズの湿式門袖のおよそ1/12ほどの重量であり、地震などによる倒壊時のリスクを軽減する。
1枚物のシームレスな木目パネルや板張り調のパネルは、同社スマートドア「ヴェナート」とのコーディネ-トに配慮し、奥行きの感じられるアプローチ空間の形成が可能。
 
●ルシアス フェンス H07型・F04型
「ルシアス フェンス」から「ルシアス 門扉」・「ルシアス ポストユニット」・スマートドア「ヴェナート」まで、リブモールデザインでトータルコーディネートできる「H07型」デザインと、好評の片面木調タイプに中骨のないスッキリとしたシンプルな構造の横半目隠しデザイン「F04型」を追加。
 
●ルシアス スクリーンフェンス
高尺フェンス「ビューテクト」が「ルシアス スクリーンフェンス」として新たに登場。
格子タイプと目隠しタイプの全7デザインを展開し、より幅広いトータルコーディネートを可能とした。
 
■問い合わせ先
YKK AP株式会社
TEL:0120-20-4134
http://www.ykkap.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会