建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 平成25年基準対応 省エネルギー計算ソフトウェア『SAVE-住宅 Ver.3』 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

平成25年基準対応 省エネルギー計算ソフトウェア『SAVE-住宅 Ver.3』

2015年3月18日 分類: 建築系

株式会社 建築ピボット(本社:東京都文京区、代表取締役社長:千葉 貴史)は、平成25年省エネルギー基準に対応した省エネルギー計算ソフトウェア『SAVE-住宅 Ver.3』を2015年4月に発売する。
 
平成25年基準対応 省エネルギー計算ソフトウェア『SAVE-住宅 Ver.3』
 
■製品の概要
住居を有する建築物全般(戸建住宅、集合住宅)について省エネルギー法で定められた省エネルギー措置の届出に必要な省エネルギー計画書の作成を支援。
 
建物モデルの入力によりUA値、ηA値と一次エネルギー消費量を計算し、届出書類として、UA値、ηA値の計算書と、一次エネルギー消費量計算書を作成する。
外壁や屋根、開口など外皮の面積を建物モデルから自動集計し、熱橋も自動判定(RC造、S造の場合)するため、設計変更にも柔軟に対応でき、届出のための省エネルギー計画書作成を大幅に省力化することが可能。
 
また、建物モデルを入力しながら、計算結果をリアルタイムで確認できるため、建物のデザイン検討と省エネルギー性能の検討が同時に行える。
各部材に適した断熱材の厚さ、日除け効果や建具の性能を検討することができ、冷暖房費やCO2排出量も計算可能。
複数案を比較する機能も充実しており、設計案の比較検討や改修前後の省エネ性能比較などに活用できる。
 
建物モデル入力から計算、書類作成までをワンストップで行うことができ、届出書類作成だけでなく、設計初期からの省エネルギー検討など、設計のあらゆる段階で利用することが可能。
 
■標準価格(税抜き)
『SAVE-住宅 Ver.3』:300,000円(2015/7/31までのキャンペーン価格:270,000円)
※バージョンアップ(「省エネルギー計算プログラム利用者の会」会員無償)『SAVE-Q値μ値』より移行など各種対応あり。要問い合わせ。
 
■問い合わせ先
株式会社 建築ピボット
http://www.pivot.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会