建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 福井コンピュータ 3D点群処理システム『X-POINT 2016』 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

福井コンピュータ 3D点群処理システム『X-POINT 2016』

2015年3月6日 分類: 土木系

福井コンピュータ株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:杉田 直)では、今後のCIM政策の一貫として期待されている3次元レーザースキャナーやUAV(無人航空機)の画像から取得した点群データを活用するシステム「X-POINT」にて、さらなる機能を搭載した新バージョン『X-POINT 2016』を4月16日に発売する。
 
メッシュ土量計算にも対応し、さらなる機能強化を図った3D点群処理システム『X-POINT 2016』
 
■製品の概要
3Dレーザースキャナー等で取得した数億点規模の点群データを快適かつ高速に取り扱い、各種フィルタリングや三角網作成に加え、メッシュ土量計算、断面抽出等の機能を搭載。
測量・土木設計業務における点群データの活用について、CIMの各業務フローに合致させたデータ流通を実現する。
本バージョンに搭載された主な新機能は下記の通り。
 
●メッシュ生成による土量計算
同一現場で計測した複数の点群データを時系列的に管理する「比較モード」を新設。
差分を柱状表現することにより切り盛り土量の計算や定点観測による差異の分析などに活用できる。
 
●線形情報を利用した断面の抽出
線形情報の設置(路線SIMAのインポート)または任意指定により、点群の断面をフィルタリング抽出。
点群モニターを「3D・上空・縦断・横断」で4分割表示することにより視覚的に展開することが可能。
 
●CADへの連携による各種図面作成
同社の測量成果作成・活用システム「Mercury-Evoluto」と連携し、地形図・立面図・断面図・展開図等の各種図面の作成に対応。
数値地形図の作成では「拡張DM図式一覧」から記号を選択し、点群データの対象地物を指定することにより作図する。
 
■標準価格(税抜き)
基本部:1,000,000円
【主な機能】表示・編集・高機能フィルター・TIN 生成・断面(※新機能)
 
メッシュ土量計算(※新オプション):300,000円
【主な機能】メッシュ生成・土量計算・メッシュ比較
 
■問合せ先
福井コンピュータ株式会社
TEL:0776-67-8860
http://const.fukuicompu.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会