建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> Shade3Dが3DCG作成ソフトウェア『Shade 3D ver.15』を発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

Shade3Dが3DCG作成ソフトウェア『Shade 3D ver.15』を発売

2015年3月2日 分類: CAD、BIM・CIM

株式会社 Shade3D(本社:東京都台東区、代表取締役社長:笹渕 正直)は、3DCG作成ソフトウェアShade 3Dシリーズの最新版『Shade 3D ver.15』シリーズパッケージ版、ライセンス版、ダウンロード版を3月20日に発売する。
 
Shade3Dが3DCG作成ソフトウェア『Shade 3D ver.15』を発売
 
■製品の概要
フォトリアルな3Dイメージやアニメーション、3D立体視映像から、3Dプリンター向けのモデルデータ作成まで幅広く対応した統合型3D作成ソフト。
本バージョンの主な特長は下記の通り。
 
●3Dプリントアシスタントの大幅強化
 3Dプリントに適した3Dモデルを作成するための「3Dプリントアシスタント」が大幅に強化。
 難解と思われがちな3Dプリント用の3Dモデル制作の手順を、
 初めてのユーザーでも流れに沿って自然に理解できるようにした「ナビゲート機能」の追加や、
 インターフェイスデザインの調整などを行っている。
 また「自動修正」やマニュアルでの編集作業を強化するためのモデリングの機能が新たに多数組み込まれており、
 3Dプリンターが処理できない部分の検出から修正までをよりスムーズにとり行えるようになった。
 
●ラッピング機能の搭載
 本機能では、これまで手作業で1つ1つ修正していたような修正困難な3Dプリントモデルエラーも自動で修正する。
 また、プログラムが自動でポリゴンへの処理を行っていくため、
 これまでの「レンダリング」と同じようにメモリやCPUの演算能力が高ければ、
 高精細な結果と演算時間を両立することが可能。
 
●Dropboxと連動し、クラウドで3Dデータ管理
 Shade 3Dデータをリスト化して管理できるカタログ機能「Shade Explorer」がDropboxと連動。
 自宅、職場、学校など、異なる場所でもスムーズに制作を継続でき、 ライフスタイルに合わせた効率的な3D制作を可能とした。
 
■標準価格(税抜き)
Shade3D Basic ver.15:9,800円(アカデミック版:7,800円)
Shade3D Standard ver.15:40,000円(アカデミック版:20,000円)
Shade3D Professional ver.15:80,000円(アカデミック版:40,000円)
 
■問合せ先
株式会社 Shade3D
TEL:03-4520-6240
http://shade3d.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会