建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> アイカ工業が壁パネル用接着剤『アイカエコエコボンド GS-330』を発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

アイカ工業が壁パネル用接着剤『アイカエコエコボンド GS-330』を発売

2015年2月26日 分類: 共通資材・工法

アイカ工業株式会社(本社:愛知県清須市、代表取締役社長:小野 勇治)は、塗布時における作業性を改善した、壁パネル用変成シリコーン樹脂接着剤『アイカエコエコボンド GS-330』を発売した。
 
アイカ工業が壁パネル用接着剤『アイカエコエコボンド GS-330』を発売
 
■製品の概要
変成シリコーン樹脂接着剤は、硬化した接着層が、強靭にして柔軟な性質を持つ、非常に安定したゴム状弾性体となるため、
1.衝撃などの外的応力を吸収する、2.冷熱繰り返しによる被着材の膨張・収縮を緩和する、3.線膨張率の差が大きい異種材料の接着に適している、
などの特長があることから、建築分野や日常家庭での使用に便利な接着剤として、普及しつつある。
本製品は従来品の課題であった、冬季など低温下で使用する際の作業性、および使用後のカートリッジの廃棄について改良した
変成シリコーン樹脂接着剤である。
主な特長は下記の通り。
 
●作業性の向上
 カートリッジの押出しやすさを改善。
 塗布時の樹脂タレも少なく、従来品(「アイカエコエコボンド GS-300」)と比較し、作業性が向上した。
 
●有効期間が1年
本製品の有効期間は、製造後「1年間」となり、従来品の同「6カ月」から、延長された。
 
●廃棄物の分別が不要
 カートリッジの素材について「プラスチック製本体+金属製の蓋」から、「プラスチック製本体+プラスチック製の蓋」に変更。
 
●硬化物はゴム状弾性体
 硬化が速く、硬化後はほどよい硬さと弾性を保持し、下地の変形や局部荷重による仕上げ材への不具合を低減する。
 
●4VOC基準に適合
 1液タイプの常温硬化型接着剤で、無溶剤で臭気はほとんどない。
 日本接着剤工業会制定の自主管理規程ノンホルムアルデヒド(F☆☆☆☆)登録製品であり、4VOC基準にも適合している。
 
■設計価格(税抜き)
900円/本
※仕様:333ml カートリッジ入り(20本/ケース)
 
■問合わせ先
アイカ工業株式会社
TEL:052-409-8088
http://www.aica.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会