建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 圧縮抵抗型CFTブレース補強工法 『スマートブレース工法』 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

圧縮抵抗型CFTブレース補強工法 『スマートブレース工法』

2015年2月13日 分類: 建築資材・工法

株式会社 三誠(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三輪 富成)と日立機材株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:笠原 伸泰)は、2014年設立のCFT-SS補強工法開発推進研究会(会長:中原 浩之、九州大学准教授)が開発した、CFTブレースを圧縮のみに抵抗させる耐震補強工法を商品化し、コストと工期の削減が期待できる圧縮抵抗型CFTブレース補強工法『スマートブレース工法』として2月1日に発売した。
 
圧縮抵抗型CFTブレース補強工法 『スマートブレース工法』
 
■工法の概要
高軸力を支持するCFTの特長を生かし、ブレースに圧縮力のみを負担させ、この力を支圧によって既存躯体に伝達する耐震補強工法。
引張力の負担を放棄することにより、従来用いられていた鉄骨枠を不要とした。
また、引張力を負担しない構造のため、ブレースの一端は離間可能。
従来工法よりもアンカー打設数の削減が可能となり、接合部における大幅な施工性の向上が期待できる。
 
■問合せ先
株式会社 三誠
TEL:03-3639-5226
http://www.sansei-inc.co.jp/
 
日立機材株式会社
TEL:03-3615-5789
http://www.hitachi-kizai.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会