建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 『高分子ピエゾ漏水検知システム』による漏水調査事業の開始 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

『高分子ピエゾ漏水検知システム』による漏水調査事業の開始

2015年2月12日 分類: その他

積水化学工業株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:根岸 修史)の環境・ライフラインカンパニー(プレジデント:髙見 浩三)は、『高分子ピエゾ漏水検知システム』による水道管等の漏水調査事業を2月2日に開始した。
 
『高分子ピエゾ漏水検知システム』による漏水調査事業の開始
 
■概要
本システムは、同社が独自に開発した高感度センサーと解析技術により、従来の相関式調査法や路面音聴式調査法等の調査手法では困難であった管種にも対応し、わずかな漏水の発見や位置の特定までもが可能となる。
システムの主な特長は下記の通り。
 
【高感度センサー】
●対象管路:

 水道管、工業用水、消火管等の圧力管路
●計測方法:
 埋設管の露出部2点に高感度センサー(高分子材料を用いた圧電素子である高分子ピエゾを使用)を設置し、無線機で振動データを収集。
 収集したデータを解析することで漏水の有無、漏水箇所の特定を行う。
●感度:
 これまでの調査手法では検知が困難であった管種(樹脂管や中口径の金属管等)にも対応でき、わずかな漏水音の振動も収集する。
●設置方法:
 制水弁・消火栓・量水器等へセンサーに内蔵された磁石で簡単に取り付け可能。
 
【解析技術】
●調査環境:

 交通量の多い時間帯や幹線道路のそばでも、漏水音を高度に識別することが可能。
 また、河川や公道下、軌道下等の地上に障害物が存在する場合や、地中深く埋設された管路にも対応する。
●位置特定:
 収集した振動データの波形からノイズの除去と特定周波数の抽出を行い、漏水ピークを算出。
 前後1mの範囲で漏水位置が特定される。
 
■問合せ先
積水化学工業株式会社 環境・ライフラインカンパニー 上下水道事業部 水道ビジネスユニット
TEL:03-5521-0756
http://www.sekisui.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会