建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> フジタがセシウム含有の除染排水処理(FOWM)システムを開発 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

フジタがセシウム含有の除染排水処理(FOWM)システムを開発

2015年1月29日 分類: その他

株式会社 フジタ(本社:東京都渋谷区、社長:上田 卓司)は、福島県内の除染現場から発生する放射性セシウム含有の除染排水を作業現場で処理し、同時に処理水の放射能濃度を監視する可搬式の『水質監視型オンサイト除染排水処理システム(FOWMシステム)』を開発した。
 
フジタがセシウム含有の除染排水処理(FOWM)システムを開発
 
■概要
本システムは除染排水を貯留する原水槽、排水中の懸濁成分を除去する凝集沈殿槽、残留する小さい懸濁物を除くためのろ過槽、さらに処理を終えた水を貯留しモニタリングを行う処理水槽から構成される。
処理水槽には水中の濁度を計測する濁度計、放射線量を測定する水中放射線測定器を設置し、それらの計測数値を用いて水中の放射能濃度を監視する。
また放射性物質が濃縮される汚泥は吸引機で回収することでより安全に土のう袋等に回収することが可能。
 
今回、装置・機器類を小型で軽量なものを選定しユニット化することにより、1トン車に搭載可能なコンパクトなシステムとした。
4トン車などに搭載する従来の可搬式排水処理システムに比べ、機動性が高く、必要時に容易に車両に搭載できるため、住宅街、狭い路地等での除染作業やスポット的に発生する比較的少量の除染排水の処理に適している。
 
また本システムでは、処理水槽に濁度計および水中放射線測定器を併用設置し、濁度計および水中放射線測定器の指標はそれぞれ数分程度で測定が可能であるため、水槽内の処理水放射能濃度が管理基準値以下であることを常時確認して放流することが可能。
水中の放射能濃度を間接的に監視する濁度計だけでなく、放射線量を直接測定する水中放射線測定器も設置することにより、それぞれの測定器の特長を生かしながら作業現場でより精度が高く、より安心な排水処理管理が可能となった。
 
■問合せ先
株式会社 フジタ
TEL:03-3402-1911
http://www.fujita.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会