建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 打設中の鋼管杭の鉛直度をリアルタイムに計測できる『鋼管杭鉛直度管理システム』 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

打設中の鋼管杭の鉛直度をリアルタイムに計測できる『鋼管杭鉛直度管理システム』

2015年1月27日 分類: 土木資材・工法

東亜建設工業株式会社(本社:東京都新宿区、社長:松尾 正臣)と信幸建設株式会社(本社:東京都千代田区、社長:木田 正弘)は、打設中の鋼管杭の鉛直度をリアルタイムに計測できる『鋼管杭鉛直度管理システム』を開発した。
 
打設中の鋼管杭の鉛直度をリアルタイムに計測できる『鋼管杭鉛直度管理システム』
 
■システムの概要
本システムは、鋼管杭の4方向に取り付けられた計測器の上面から液面までの高さを耐振動性・防水型センサを用いて計測することにより、鋼管杭の鉛直度を求めるシステムである。
図に示すように、鋼管杭に対して向かい合って設置された計測器同士を連通管(水・空気)で接続することにより、計測器内の水が移動し、鋼管杭の傾斜に伴い変化する水頭差を計測して鉛直度に換算する。
鋼管杭の傾斜(θ)は、センサの取付幅(L)、計測器の上面から液面までの高さ(H1、H2)を用いて、
 
tanθ=(H1−H2)/L
 
として求めることができ、直径1mの鋼管杭において約0.003o(tanθ=1/16667)の精度で鉛直度計測ができる。
耐振動性を有するセンサを採用したことによって、打設中に発生するバイブロハンマの振動下でも施工中の鋼管杭の鉛直度をリアルタイムに計測することが可能。
 
■問合せ先
東亜建設工業株式会社
TEL:03-6757-3821
http://www.toa-const.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会