建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 高耐水性・長寿命・高透過性の表面保護剤『SurfaPore』 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

高耐水性・長寿命・高透過性の表面保護剤『SurfaPore』

2014年10月15日 分類: 共通資材・工法

大阪電具株式会社(本社:兵庫県宝塚市、代表取締役社長:山本 朱紀)は、NanoPhos社(本社:ギリシャ)が開発した高耐水性・長寿命・高透過性の表面保護剤『SurfaPore(サーファポア)』シリーズを、10月6日に発売した。
 
高耐水性・長寿命・高透過性の表面保護剤『SurfaPore』
 
■製品の概要
本シリーズは、石やコンクリート、瓦・陶材、大理石、木材、しっくいなど、あらゆる素材ごとに適したラインナップを揃えており、塗布対象の表面に皮膜を作らず素材本来の風合いを保ちながら紫外線照射や雨からの素材劣化を保護する。
ナノ粒子は、素材表面の細かな隙間にまで入り込むことで、5年経過しても約95%の作用・機能を維持する。
主な特長は下記の通り。
 
●素材本来の風合いを保ちながら高い耐水性を発揮
従来の保護剤は、素材の表面を樹脂膜でコーティングするため、見た目や質感・色などに変化を与えてしまったが、本製品はナノ粒子が素材の細孔にまで浸透することで素材の風合いを生かしたままの定着性を実現する。
また、粒子が小さいため質量あたりの表面積が非常に大きく、水などの腐食因子をはじき効果的に保護する。
 
●摩擦に負けない長寿命で高いコストパフォーマンス
従来の樹脂膜コーティング型の保護剤は温度変化や紫外線に弱く短命で、また塗装の一部が摩擦などにより剥がれる(結合が切れる)と機能を果たさなくなるという弱点があった。
本製品は無機材料を使用することで紫外線に強く、またナノ粒子が細孔まで浸透するため摩擦・摩耗の影響を受けない。
5年経過しても作用・機能の95%を維持する長寿命により、再塗装の手間や費用コストを削減する。
 
●素材自体の湿度を調整可能な空気の高透過性
樹脂膜コーティングは素材表面を完全にコーティングするため、内部で生じた水蒸気を排出できず、特に木材など素材によっては劣化を促進させてしまう場合がある。
一方、ナノ粒子を塗布する本製品は空気の透過性が高く素材の呼吸を妨げない。
また、水蒸気の排出・取り込みが可能なため、内部に水分が溜まったり水漏れが生じた際でも外気へ蒸発させることで、膨れやひび割れ・反りを防ぐ。
 
●高い安全性とエコロジー性
ホルムアルデヒド等の有害物質を含まない水性の材料で、溶剤系シランやシロキサン等の有機系材料を使用していない環境に配慮した無機系保護材である。
 
■問合せ先
大阪電具株式会社
TEL:0797-87-2345
http://www.osaka-dengu.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会