建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 景観・環境保全型モルタル・コンクリート吹付工法『斜面いろどり工法』がNETIS登録 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

景観・環境保全型モルタル・コンクリート吹付工法『斜面いろどり工法』がNETIS登録

2014年10月6日 分類: 土木資材・工法

岡三リビック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:梅林 文夫)とライト工業株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 和夫)が共同で開発した、景観・環境保全型モルタル・コンクリート吹付工法『斜面いろどり工法』が国土交通省のNETIS(新技術情報システム)に登録された(NETIS登録番号:KT-140026-A)
 
景観・環境保全型モルタル・コンクリート吹付工法『斜面いろどり工法』がNETIS登録
 
■工法の概要
これまで、急勾配斜面や岩盤斜面における法面保護工法として、モルタル・コンクリート吹付工が盛んに行われてきた。
モルタル・吹付工は、施工が簡便であり、地山の密閉性が高いため風化・浸食効果が高いなどのメリットがあった。
しかしその反面、景観性においては、施工後の周辺環境との調和が困難であり、無機質なセメント色の表面は、景観・環境という意味では大きな問題を残していた。
その対策として、着色剤を混入してのモルタル・コンクリート吹付工も行われてきたが、緻密な彩色表現は不可能であり、環境調和とは程遠いものであった。
 
本工法は、モルタル吹付工のメリットを生かしながら、着工前の景観を復元することを可能にした工法である。
エージング技術(意図的に古びた色味に仕上げる塗装技術)により、人工的に現状の景観と調和した仕上がり面を表現するため、法面保護を行いつつ、違和感なく周辺環境と溶け込むことが可能となった。
 
■問合せ先
岡三リビック株式会社
TEL:03-5782-9087
http://www.okasanlivic.co.jp
 
ライト工業株式会社
TEL:03-3265-2454
http://www.raito.co.jp



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会