建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> アイカ工業が『ダイナミックレジン タフレジン クリアガード工法』を開発 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

アイカ工業が『ダイナミックレジン タフレジン クリアガード工法』を開発

2014年10月1日 分類: 建築資材・工法

アイカ工業株式会社(本社:愛知県清須市、代表取締役社長:小野 勇治)は、経年劣化した外壁タイルに強靭な無溶剤ウレアウレタン樹脂を塗布することにより、外壁タイルのはく落による第三者への被害を防止する工法『ダイナミックレジン タフレジン クリアガード工法』を開発し、販売を開始した。
 
アイカ工業が『ダイナミックレジン タフレジン クリアガード工法』を開発
 
■工法の概要
経年劣化した外壁タイルに強靭な無溶剤ウレアウレタン樹脂を塗布することにより、外壁タイルのはく落による第三者への被害を防止。
工法の主な特長は下記の通り。
 
●優れたはく落防止性能
独立行政法人都市再生機構が定める外壁複合補修工法の要求性能が「曲げ強度490Nで破断しないこと」であることに対し、本工法は、自社試験において『同776N』で破断しないことを確認した。
 
●優れた耐候性
長時間の紫外線照射でも塗膜の変色が少なく、自社試験では、水系アクリル樹脂よりも耐候性に優れた結果を得た。
 
●高い意匠性
無溶剤ウレアウレタン樹脂は、橋梁などの補修補強工事などに使用されており、意匠性(=透明性)は求められていなかったが、同社独自の樹脂設計技術により意匠性を付与。
タイルの意匠を活かす高い透明性を有している。
 
●安心の施工体制
本工法は、同社が事務局を務める「タフレジンクリアガード工法研究会」が認定した施工店が施工。
同会は、認定施工店が施工した建物について、タイルのはく落による第三者に対する賠償事故を保証する制度に加入している。
 
■問合せ先
アイカ工業株式会社
TEL:052-409-8088
http://www.aica.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会