建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 住宅建築業界向け次世代ITプラットフォームサービス『K-engineサービス』 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

住宅建築業界向け次世代ITプラットフォームサービス『K-engineサービス』

2014年9月12日 分類: 建築系

株式会社 K-engine(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:喜久川 政樹)は、住宅建築のプロセスを根底から変えるITプラットフォームサービス『K-engineサービス』を開発し、2014年9月より提供を開始する。
 
住宅建築業界向け次世代ITプラットフォームサービス『K-engineサービス』
 
■サービスの概要
約300万レコードの同社独自の建築データベースを利用し、住宅プランの2次元CADデータを投入するだけで、データの3次元化、家1棟分の原価積算を行うことが可能。
このデータを使うことにより、住宅購入者への見積や工程表作成など、従来手作業で行われていたものを完全自動化し、住宅建築会社の生産性を向上させることができる。
各サービスの主な特長は下記の通り。
 
●K-engine ベーシックサービス
本サービスのメインソリューション。
CAD図面や建築資材の仕様を投入するだけで、住宅一棟分の原価積算、住宅購入者への見積・工程表を作成することができる。
主要メーカーの建築資材を網羅した約300万レコードの同社独自の商品データベースが、拾い漏れや金額のバラつきがない、正確な見積・工程表を簡単に作ることを可能にしている。
 
●K-engine Designer
ヒアリングしながら簡単操作で、一から理想のオリジナルプランを作成し、ボタン一つで素早く3D化できる3Dプレゼンツール。
作成したデータを上記ベーシックサービスに取り込み、提案プランから原価積算・見積作成・工程表作成までデータ連動させることが可能。
 
●K-engine モバイルプラットフォームサービス
①K-engine タブレット通信サービス
住宅購入者への提案をより効果的かつ効率的に行えるように、iPadへも対応。
下記K-engine Navigator等と組み合わせて利用することにより、魅力的な提案が現場で可能になる。
 
②K-engine Navigator
iPadの画面を操作しながら住宅購入者の家族情報や土地情報、ライフスタイルなどをヒアリングし、その場で最適な間取りプラン提案を実現する。
またこの間取りプランを、CADデータでダウンロードしベーシックサービスに取り込むことで、提案プランから原価積算・実行予見積作成・工程表作成までデータ連動させることが可能。
 
③K-engine Reform Planner
施主の自宅など、iPadを使い3D画面に希望の商品を配置し、その出来上がりを双方で確認しながら、同時に見積の提示もできる。
10月よりベータ版を提供、2015年1月より正式版の提供を予定している。
 
※「K-engine モバイルプラットフォームサービス」は上記①と②、もしくは①と③のセットとなる。
 
■標準価格(税抜き)
K-engine ベーシックサービス:5,000円/月~
K-engine Designer:5,000円/月
K-engine モバイルプラットフォームサービス1:14,500円/月
(K-engine タブレット通信サービス+K-engine Navigator)
K-engine モバイルプラットフォームサービス2:12,500円/月
(K-engine タブレット通信サービス+K-engine Reform Planner)
※K-engine タブレット通信サービスにはiPad機器本体・通信料を含む。
 
■問合せ先
株式会社 K-engine
TEL:0570-002555
http://k-engine.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 


  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会