建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 日本工学院とオートデスクが建設業界向けBIM人材育成カリキュラムを提供 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

日本工学院とオートデスクが建設業界向けBIM人材育成カリキュラムを提供

2014年9月11日 分類: CAD、BIM・CIM

日本工学院専門学校ならびに日本工学院八王子専門学校(学校長:千葉 茂)を運営する学校法人片柳学園(法人本部:東京都大田区、理事長:片柳 鴻)と、オートデスク株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:ルイス・グレスパン)は、建設業界におけるコンピュータを使用した設計手法「ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)」の普及と人材育成を柱とする包括的な協業を行うことでこのほど合意した。
 
日本工学院とオートデスクが建設業界向けBIM人材育成カリキュラムを2015年から提供
 
■概要
文部科学省では、産学官の連携を通じて社会人や学生の就職、キャリアアップに必要とされる実践的な知識・技術・技能を身につけるための学習システムの構築を目的とした「次世代国内インフラ整備及び建設IT技術における中核的専門人材養成プログラム開発プロジェクト」を推進している。
今回の協業ではこのプロジェクトの認定を受けて両社が教育カリキュラムを共同開発し、2015年4月より日本工学院で提供を開始する(プロジェクトの認定は2012年7月)。
 
現在、建設業界では、五輪開催や国土強靭化政策などにより社会インフラ整備が予定され、特にBIMを含むITスキルを備えた人材の需要が著しく高まることが予想されている。
今回の合意では、日本工学院が持つ教育機関としてのノウハウと組織の大きさ、そしてオートデスクが世界各国の設計事務所や建設会社などに提供しているBIMアプリケーションを有機的に組み合せることにより、建設業界で将来的に必要とされるITスキルを備えた人材の育成、輩出を目指す。
主な協業内容は下記の通り。
 
●両者が持つ建設業界ならびにBIM関連技術の教育プログラムに関する知見や経験を生かし、実践的なBIM関連のスキルを備えた人材育成のためのカリキュラムを共同で開発
●日本工学院は、オートデスクのBIMアプリケーション「Autodesk RevitⓇ」などを活用した教育カリキュラムを2015年4月から実施
●他の専修学校や工業高等学校向けに、BIM関連スキルを備えた教員・講師の育成を支援するセミナーやトレーニングの実施
●建築系企業の社員に対する教育、短期研修などの実施
 
■問合せ先
日本工学院専門学校
http://www.neec.ac.jp/
 
オートデスク株式会社
http://www.autodesk.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 


  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会